リターンライダー初心者、春の秩父・道の駅めぐりソロツー(レンタルバイク編)

皆さん、こんにちわ。リターンライダー🔰ちずおです。

2018年4月29日。昨年秋よりリターンライダー開始、三度ほどツーリングに出かけ、冬を超え、この時期にツーリングを再開。
初級プチツーリング・秩父の道の駅めぐりです。

埼玉自宅から秩父のいくつかの道の駅に寄りながら、群馬の道の駅万葉の里を目指しました。

ブログを始めたのは2018年11月なので、この頃のツーリングではブログを書く想定はしていなかったため、写真は少なめ。
お許しを~。思い返いしながら、このショートブログを書きました。

相棒はレンタルバイクでNinja400。(CBR650Rツーリングは2019年5月以降です)

【首都圏日帰りツーリング】秩父・道の駅めぐりルート

Ⓐ英インター
Ⓑ狭山環状道路
Ⓒ道の駅あしがくぼ
Ⓓ道の駅龍勢会館
Ⓔ合角ダム
Ⓕ道の駅万葉の里

 

秩父・道の駅龍勢会館へ

朝7:00に自宅を出発、川越街道を下り、英インターで浦和所沢バイパスを西へ、松郷交差点を右折し、そのまま有料の狭山環状道路を抜け、秩父を目指すルートです。

秩父入りのいつも休憩スポット、道の駅あしがくぼでトイレ休みして、道の駅龍勢会館に向かいました。

龍勢会館は10月に龍勢祭という秩父では有名な祭りが行われているそうですが、土曜朝9時の龍勢会館は人も少なく、建物は和風で落ち着いた雰囲気でした。

合角ダム

次の目的地は秩父4ダムの一つ、合角ダム。思った以上に落差がありました。ダム上から見たダム湖の風景は静寂の中、緑に囲まれ、穏やかな風景が広がっていました~。

秩父を抜け、道の駅万葉の里へ

合角ダムを後にして、県道71号線に戻り、北上。しばらくはまっすぐな道が続く走りやすいルートです。
土坂峠のあたりはタイトコーナーが続きますが、道幅は広く、こちらも走りやすい峠道でした。

国道462号線を左折し、しばらく走ったところに道の駅万葉の里があります。
こじんまりとした建物の中に農産物の直売もありますが、それ以上によかったのは神流川の眺め。
ベンチに座り、缶コーヒーを飲みながら、ほっと心休まるひと時を過ごしました。

昨年秋よりリターンライダーを始め、3か月ぶりの、やや緊張したツーリングだったため、あまり無理せず、このまま来た道を引き返すことに。片道100キロのほどよいプチツーリングとなりました。

埼玉県民としては、まずは秩父を制覇するぞ!ということで、このGWにまた来ま~す。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です