リターンライダー初心者、初の一泊一人旅~ビーナスライン~<2日目>(レンタルバイク編)

皆さん、こんにちわ。リターンライダー🔰ちずおです。

2018年10月26日。ビーナスライン一泊旅<2日目>を迎えました。
1日目は清里~蓼科エリアを十分に堪能できました。
初級リターンライダーからすると、憧れのビーナスラインは2日目にとっておきました。

いよいよビーナスライン走ります!

1日目に続き、相棒はKAWASAKI Ninja400です。(CBR650Rツーリングは2019年5月以降です)

ビーナスライン 一泊ツーリング・満喫ルート!

  • Ⓐホテル鷺乃湯
  • Ⓑ諏訪湖
  • Ⓒ高島城
  • Ⓓ茅野駅
  • Ⓔ白樺湖
  • Ⓕ霧ヶ峰農場直売所
  • Ⓖ美ヶ原高原美術館 → 来た道を戻り、諏訪インターから埼玉自宅へ

朝の諏訪湖

2日目の朝は6:00に起きて、3度目の温泉に浸かり、朝食へ。
明るい朝に眺めるホテル鷺乃湯さんの庭は立派な日本的庭園でした。

朝9:00にホテル鷺乃湯さんを出発。
1日目の“夕闇”ビーナスラインの後悔があったのですが、はやる気持ちを抑えつつ、せっかくなので諏訪湖を1周することにしました。
朝の湖畔を眺めながらの周遊はすがすがしいものでした。

諏訪湖の観光スポット高島城にも寄りました。
黒澤明監督の影武者の武田勝頼の談義シーンを思い出します。

いざ、ビーナスラインへ

いよいよビーナスラインへ出発です。
茅野駅経由、スズラン峠を越えて、白樺湖経由で車山高原エリアに入りました。

ビーナスライン最初の白樺湖高原CCの辺りから雰囲気満点です。

昨日は夕闇でしたが、朝の車山高原エリアに入ると、紅葉の「紅」とは違う「薄茶」の山肌風景が広がり、ちょっと驚きでした。
展望広場から白樺湖を見下ろす一枚と、山側の車山の麓の一枚です。

しばらく走り、霧ヶ峰富士見台という広い展望広場で止まり、こちらでも一枚。
少し雲が出てきつつも、少し走ると景色の変わるツーリングにちょっと興奮気味でした(苦笑)。。。 

ビーナスラインのさらに奥へ

霧ヶ峰農場直売所を右折し、八島が原高層湿原を通り過ぎると、空も晴れ始め、今度は「緑」の世界が広がっていました。
三峰大展望台エリアの記憶ですが、どの場所を撮影したか、わかっていません(笑)。
2枚目は三峰山かな。

和田峠を過ぎると、落ち葉が舞い散るビーナスラインをバイクで疾走する時間帯があり、今回のツーリングで最も心に残ったシーンでした。
平日ということもあり、その時は見渡せるビーナスラインを一人独占状態。なんというぜいたく!

そして、最終目的地、美ヶ原高原美術館へ向かい、ひた走ると、その手前が標高を一気に上げるヘアピンカーブの連続で、リターンライダー一年の僕にとって、ちょっとビビる時間帯でした。

無事に美ヶ原高原美術館に到着。標高約2000mから広がる風景は圧倒的な開放感です。
埼玉の自宅からの旅路を思い返し、遠くまできたなぁ、と感慨深い思い。

缶コーヒーを飲んで、一休み。
ここからは松本城を見に行く予定でしたが、ビーナスラインをもう一度走りたい!という思いに駆られ、来た道を戻ることにしました。

ちなみに美ヶ原高原美術館から自宅まで中央高速使って250キロの道のり!

逆から走る風景も違ったもので、ビーナスラインを堪能するために、ゆっくり走りながら、帰路につきました。

諏訪湖まで一気に下りて、高速乗る前に腹ごしらえということで、このエリアの名物「ほうとう」を食べたくなり、甲州ほうとう小作 諏訪インター前店に入り、汗かきながら、美味しくいただきました。https://tabelog.com/nagano/A2004/A200404/20000118/

このビーナスライン一泊旅が本当に心に残るソロツーだったので、帰りはちょっと寂しい思い。。。

今度は夏に来ることを誓いつつ、帰路に着きました。ビーナスライン、また来ます!

 

ビーナスライン1日目の旅はこちら→  リターンライダー初心者、初の一泊一人旅~ビーナスライン<1日目>

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です