立夏の北信満喫ツーリング/雪の北アルプスと菜の花を眺めに行く旅

2022年5月4日(水)みどりの日、立夏の北信満喫のツーリングに出かけてきました。

冬も終わりを告げ、GWの春真っ盛りの今、久々の信州・北信エリアを楽しむ旅。

棚田、切通の岩、なんといってもメインディッシュは雪の北アルプス、そして旅のクライマックスは菜の花にあふれた風景。。。😍

めちゃくちゃ充実したツーリングでした。

ただ、さすが制限無しのGW、帰りは予想通りの高速渋滞、時間をずらして帰りの高速に乗ったのは21時近く、帰宅は日帰り初の24時過ぎ。。。

それでも次の日は休みというこうとで、心地よい疲れと共に楽しい思い出となった日帰り600キロ弱の旅でした。

前回に続き、GWのスケジュールが合ったツーリング仲間のNさんと走ってきましたよー😊

春の北信満喫ツーリングMap

(関越道・所沢IC~上信道)

Ⓐ上信道・坂城IC
Ⓑ大望橋
Ⓒ姨捨の棚田
Ⓓ千曲川展望公園
Ⓔ大切通し
Ⓕ小川アルプスライン・アルプス展望デッキ
Ⓖ大望峠展望台
Ⓗ道の駅ふるさと豊田
Ⓘ飯山市菜の花公園
~たかやしろ見晴らし街道
~北信濃くだもの街道
~R18
Ⓙ上信道・上田菅平IC

(上信道~関越道所沢IC)

久々の北信へ

埼玉自宅を5:30過ぎに出発、雲一つない快晴に心が躍ります。

ツーリング出発前の埼玉自宅近くの朝空

いつもの最寄り関越道・所沢ICから高速に乗り、最初の三芳PAで6:00にNさんと合流。

満杯の三芳PAの駐輪場にて

GW真っ只中、早朝と言えど駐輪場は満杯でした。

Nさんとインカムをつないで出発、渋滞にはならなかったものの、東松山あたりまでは車も多く、ここでもGWを実感、帰路が思いやられます。。。😓

ちなみにこの後も要所要所で混んでいることもあったのですが、明日が休みという絶対的ゆとりを感じつつ、Nさんと「明日休みだからね~」と何度も言い合って走り続ける一日でしたよ😅

上信道に入り、横川SAで一休み。さすがは軽井沢手前の横川SA、先ほどの三芳PAとは比にならない位、バイクであふれてました~

GWバイクであふれる横川SA

おかげで駐輪場から最も遠い位置での駐輪のため、このpicに入ってません😓

SA内のタリーズでゆったりコーヒーを飲んで出発、坂城ICで上信道を降ります。

坂城町のキュートな「大望橋」

最初に向かったのは千曲川に架かる「大望橋」という超マイナーな橋。

事前にGoogleMapでたまたま見つけ、ちょっと面白そうな見た目だったので😁

それがこちら~

千曲川に架かる大望橋にてwith CBR650R&ninja650

日本三大河川・千曲川に架かる大望橋というネーミングから、豪快な見た目を想像すると思いますが、1t未満の軽自動車縛り、さらに朝7:30~8:30は歩行者&自転車縛りというミニマムの橋でした。

カラーも黄色でサイズと共にキュートな見た目。

時刻は8:30過ぎ、対面から軽自動車が走ってきたらどうしようと思いつつ、橋の真ん中あたりに幅が広くなっているところもあったので、そろーり渡ってみることにしました。

最初の狭いエリアに入って緊張感あふれるタイミングで後ろを走るNさんに声を掛けられパチリ。

ソロツーリングとは違い、本日はツインツーリング、後方を走るNさんに何度か背面ショットを撮って頂いています~🙇

千曲川に架かる大望橋にてwith CBR650R

なんとか橋の真ん中まで走り、幅広エリアでほっとしているシーンです😅

千曲川に架かる大望橋にてwith CBR650R&ninja650②

この風景、なんか面白くないですか~😄

Nさんとも楽し~!と言い合いながら、もう一枚。

千曲川に架かる大望橋にてwith CBR650R&ninja650③

最後にバイク2台並んでの記念ショットを撮ろうとしたら、軽自動車が橋に向かって走ってきたので、残念ながら退散。。。😭

久々の信州ツーリングの最初は雄大な自然ではなく、こんなコンテンツからのスタートです。

千曲市一望~「姨捨の棚田」

千曲川を渡り、r77を北上、千曲市に入り地元GSでガソリン補給。

千曲市のGSにてwith CBR650R&ninja650

本日の下道ルートも200キロ超え予定なので、ここで補給しておけば安心です。

次に向かったのは「姨捨の棚田」。

r77から坂を登り続け、棚田エリアに到着~

さらに1車線となった田んぼ道の中の坂道をさらに登り続けながら後ろを振り向くと、街を一望できる風景が広がっていました!

バイクを停めて撮影したかったのですが、なんせ坂道だらけなので、停める場所がなく・・・😓

少しでも平らな場所を探しながらさらに登り続けていくと僕は久々のエンストはするわ、Nさんはこけそうになるわ、あたふた状態に😅

ようやく見つけて2台を停めての記念ショットです~😊

千曲市の姨捨の棚田にてwith CBR650R&ninja650

picではわかりづらいですが、かなりの坂を登ってきました。

少しアングルを変えてもう一枚。

千曲市の姨捨の棚田にて千曲市のGSにてwith CBR650R&ninja650②

この抜け感伝わりますでしょうか~😄

この場所からさらに坂を登り続け、棚田を後にして、すぐあった「千曲川展望公園」にてバイクを停めます。

長年かけて千曲川が作り上げた「谷」の眺めは格別でした。

千曲川展望公園からの千曲市の眺め

展望公園に咲いていた遅咲きの桜がその風景に彩りを添えています。

千曲川展望公園の遅咲きの桜

自然の迫力「大切通し」

うねうねワインディングのR403で山間部を抜け、長野自動車道沿いの小道を走り、次のポイント「大切通し」に到着。

房総半島に点在する岩の隧道と違い、天井が無く明るいことで、岩の迫力を体感できるスポットでした~

築北村の大切通しにて千曲市のGSにてwith CBR650R&ninja650

この1車線ではさすがにUターンできないので、その先の砂利の場所でUターンして、大切通しの看板と一緒にパチリ。

築北村の大切通しにて

この大切通しの手前でサイズの小さい「小切通し」というのもありました。

ちなみに「大切通し」を調べると、1580年に当時の殿様が青柳宿から麻績宿へ抜けて善光寺に行きやすいようにするため、手作業で岩を切通したとのこと。

大きく切った、こと以上に善光寺に行くための「大切(たいせつ)な」通しだったんでしょうね😊

r36小川アルプスラインにて雪の北アルプスを眺める

r55~R19~r36を一気に走る中、r55の最後で絵になる橋とパチリ。

r55の絵になる橋にてwith CBR650R&ninja650

r36に入り、道の駅おがわを過ぎていくと、「小川アルプスライン」というネーミングになるだけあって、雄大な北アルプスがちらちらと見えてくるようになります。

この時期は雪化粧ということもあり、雄大さに神々しさが加わり、感動ものの風景です。

インカムで「うぉ~」「綺麗~」を連呼しながら走っていきましたよ😅

その風景をしかと眺めたのは「小川村アルプス展望広場」向かいのポイントです。

小川村アルプス展望広場向かいの展望台で眺めた北アルプスと CBR650R&ninja650

新緑の山の向こうにどぉ~んと連なる白い北アルプス連峰の神々しさと言ったら!

その風景に息を呑むばかりでした。

この辺りから視界が抜けると北アルプスが見えることもあって、気分は最高潮モードに。

その先の本丸「アルプス展望デッキ」では車と人で賑わっており、バイクとの記念撮影は断念。。。

仕方なくバイク抜きの人で賑わうデッキとデッキから眺める風景を収めました。

小川アルプスライン・アルプス展望デッキにて

小川アルプスライン・アルプス展望デッキにて②

新緑の彼方の残雪の北アルプスの風景に「仕方なく」なんて言っては罰が当たりますね😅

小川アルプスラインの終盤で彼方の北アルプスを眺めつつ、新緑の山に突っ込んでいく図~

小川アルプスラインから白馬岳方面を眺めながら走る

このpicでこのロードの気持ち良さが伝われば幸いです😊

小川アルプスラインを走り終え、R406を渡ってしばらく走るとこの時期ならではの鯉のぼりの風景に出逢いました。

r36で出会った鯉のぼりの風景with CBR650R

そのまま先を走り、r36から横道を少し登って「大望峠展望台」に到着。

この展望台は砂利ながら、ちょっとした広場になっており、そこからの眺めはこちらです。

北アルプスの雄大な眺めを拝める大望峠展望台にて

標高1000m超から「伝説の谷」越しに眺める北アルプスから戸隠連峰の雄大な眺め~🤗

せっかくなのでバイクを移動させてパチリ!

北アルプスの雄大な眺めを拝める大望峠展望台にてwith CBR650R&ninja650

ブログを書きながら、ふと今回の旅で最初に訪れた「大望橋」を思い出しました。

「大望峠」となんか関係があるのだろうか・・・(多分ありません😅)

この峠には柵越しに風景を眺められるベンチや、屋根付きベンチもあり、さらにトイレまであるので、ぜひ寄ってみてくださいー

この峠の詳しい情報はこちら → 信州いざない街道HP

旅の最遠地「飯山市菜の花公園」へ

r36を走り終え、お昼のいい時間となっていたので、ここは戸隠蕎麦だ!ということでGoogleMapで当りをつけて行ってみると、どのお店も激込み状態でした・・・

さらに戸隠神社方面は車の大渋滞が起きており、このエリアを早々に退散、r506/バードライン~r404~R18~r362を一気に走り、14時近くに「道の駅ふるさと豊田」に到着、ランチをとることに。

道の駅ふるさと豊田にてwith CBR650R&ninja650信州に来たのでやはりここでも蕎麦かな~と食事処でメニューを見ると、複数あったそばのメニューは全て売り切れ・・・😭

そばについで信州と言えば「ソースかつ丼」?ということで、二人ともソースかつ丼を注文。

道の駅ふるさと豊田で食べたソースかつ丼

お腹も空いていたということもあり、二人共ペロリとたいらげました~😅

「道の駅ふるさと豊田」の情報はこちらです → 道の駅ふるさと豊田HP

お腹も満足して、いよいよ最後の目的地「飯山市・菜の花公園」へ。

少し遠回りして千曲川の西側のR117を北上していきます。

午後遅い時間帯に北に向かう自動車・バイクは少なく、渋滞気味の反対側車線を横目に眺めながら、のんびり走っていきます。

そして反対側車線含めて、自動車ゼロの瞬間!

遠くまで来た証ですね😅

飯山市・快走菜の花ロードR117を走るCBR650R

大関橋を渡り、千曲川の東側へ移動、菜の花公園に到着。

事前に調べたところ、GW期間中はイベントなど実施して、公園内には入れなさそうだったので、公園近くの細道を見つけ入っていきます。

ただこれがわかりにくく、間違えたところで入ってしまい、道が無くなった先でUターンして、じっとNさんを待つ図・・・😅

菜の花公園手前で道を間違えたchizuo

Nさん、すみません🙇

GoogleMapで確認して、今度は間違えず、公園近くの道を入っていくと。。。

飯山市・菜の花公園の菜の花ロードにてwith CBR650R&ninja650

キタ~!

菜の花越しに雪化粧から新緑が息吹く山の風景~🥺

この風景に出逢うためにはるばる300キロを走りここまで来ましたよ🙂

この菜の花ロードを走り抜け、公園の臨時駐車場に100円を払って散策開始です。

本当はこの場所までバイクで来たかった・・・

飯山市・菜の花公園の菜の花風景にて

こんな素敵な菜の花畑の風景を前にして贅沢ですね😅

缶コーヒーを買ってベンチで休憩。

飯山市・菜の花公園の菜の花風景にて②

目の前には菜の花畑とその向こうに千曲川の風景・・・

旅愁を感じさせる風景に「遥々来てよかった~」とNさんと缶コーヒーで乾杯!

時計を見るとすでに17時、この風景を十分楽しんだ後、公園を後にしました。

菜の花公園の詳しい情報はこちら → 飯山市・菜の花公園HP

※ちなみに春の菜の花は夏にはひまわりに変わるそうです!

帰路のサンセット風景①~千曲川の土手

せっかくなので、先ほど公園で眺めた千曲川に最も近い土手の道に入っていくと独占状態でした!

千曲川沿いの土手にてwith CBR650R&ninja650

この伸びやかに続く道の風景にも感動~🥺

この爽快な感動をお伝えするべく、postを続けます!

with菜の花畑

千曲川沿いの土手にてwith CBR650R&ninja650②

with千曲川千曲川沿いの土手にてwith CBR650R&ninja650③

誰もいないのでセンタリング~千曲川沿いの土手にてwith CBR650R&ninja650④最後にサンセット間近の空と・・・千曲川沿いの土手にてwith CBR650R&ninja650⑤

帰路のサンセット風景②~たかやしろ・見晴らし街道

帰路は高速渋滞を避けてのんびり帰ろう~ということで、高速には乗らず、下道を走っていきます。

走ったのは「たかやしろ・見晴らし街道」。

先ほどの土手よりも千曲川から少し離れた高台を走るので、爽快風景を眺めながら走れる贅沢なロードです。

爽快なことは間違いないんですが、夕刻ということでちょっと旅愁を感じさせる図・・・🥺

菜の花が続くたかやしろ・見晴らし街道にてwith CBR650R

ここでも道沿いには菜の花が続きます。

菜の花が続くたかやしろ・見晴らし街道にてwith CBR650R&ninja650

最後に菜の花越しのサンセット間際の空とのコラボ~😢

サンセット間際のたかやしろ・見晴らし街道にてwith CBR650R&ninja650

この後、夕闇に包まれる中を広域農道「北信濃くだもの街道」を南下、R403~R18を上田まで下道をひた走っていきます。

21時前に上田菅平ICで上信道に入り、関越道・上里SAで休憩。

さすがに疲れも出てきたので、SAで濃そうなラーメンを食べ、体力復活!

関越道・上里SAで食べた中華そば

SAを出た後、なんと23時過ぎでも鶴ヶ島エリアで5キロほどの渋滞がありました。さすが制限無しのGW・・・😓

長い冬が過ぎ春が来て、久々の信州・北信ツーリングは本当に楽しかった~

北信のスポットを巡り、雪の残る北アルプスを眺め、新緑のワインディングを走り、菜の花に包まれた風景を眺める・・・

このブログを書いているGW最終日前日の5/7まで、結局GWのツーリングはこれ一回のみですが、2022年GWのみどりの日にふさわしい思い出となりましたよ。

長いツーリングにお付き合い頂き、バイクでランしながら何枚も背面ショットを撮って頂いたNさん、ありがとうございました。

バイクツーリング is fun!

これから待望の新緑本番の季節にうずうずしまくりのchizuo_riderでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。