MENU
GSX-S1000GT & NC750Xと行くリターンライダーのブログ

埼玉発・九州北部周遊7泊8日ツーリング〈九州2日目〉バイカー聖地阿蘇、縦横無尽編

阿蘇五岳を眺めながら阿蘇パノラマラインを走るwith CBR650R

2023年10月27日(金)から埼玉発7泊8日で九州北部ツーリングに出かけた九州2日目編。

九州1日目は福岡・小倉から大分・別府/鉄輪温泉まで、今回の2日目は別府から熊本駅近くまで九州を横断する300キロの旅です。

2日目はこちら → 九州北部周遊ツーリング〈2日目〉福岡~大分・別府/鉄輪温泉編

いよいよバイカー聖地・阿蘇を走るんだ!という期待感と共に2日目がスタート(^O^)

メジャーロード「やまなみハイウェイ」を始め、名の付く7つの爽快ロードを西へ、南へ、北へ、そして西へと、300キロの道程を縦横無尽に走ってきました。

そんな阿蘇を満喫した旅、早速綴っていきますね。

ツーリングマップ【2日目】

Ⓐしんきや旅館@別府温泉(2日目の宿)

~やまなみハイウェイ~

Ⓑ由布シルキーロード

~r216~やまなみハイウェイ~ぐるっと九重周遊道路~

Ⓒ天空のプロムナード

~R442~

Ⓓ平野台高原展望所

~やまなみハイウェイ~ヒゴダイロード~

Ⓔうぶやま牧場

~R57~

Ⓕあか牛丼専門店ごとう屋阿蘇店

~熊本r111~阿蘇パノラマライン~

Ⓖ道の駅 あそ望の郷くぎの

Ⓗグリーンロード南阿蘇(ケニーロード)の通行止めポイント

~r28~南阿蘇やすらぎロード~R57~R212~

Ⓘ大観峰展望所

~ミルクロード~R202~R57~

Ⓙルートイン熊本駅前(3日目の宿)

大分・別府/鉄輪温泉を出発

別府・鉄輪温泉の宿で迎えた九州2日目の朝、昨夜に続き、空いていた貸切温泉に浸かった後、

大分・別府/鉄輪温泉の「しんきや旅館」さんの貸切温泉(4人用)の風景

シンプルながら多品種で、程よいボリューム(ご飯はおかわり自由)の朝食を頂きました。

大分・別府/鉄輪温泉の「しんきや旅館」さんの朝食

昨夜からの天気は心配なかったのですが、屋根付きのスペースにバイクを停めさせてもらってました。

大分・別府/鉄輪温泉の「しんきや旅館」さんの屋根付き駐輪スペース

ありがたや〜

昨夜からのコスパマックスのおもてなしで大満足の「しんきや旅館」さんの女将にお礼を言って出発。

昨夜に散策、こちらもそのおもてなしに感動した温泉街の風景とCBRとコラボした後、鉄輪温泉を後にしました。

しんきや旅館さんの情報はこちら →   しんきや旅館・じゃらんNetページ

大分・別府/鉄輪温泉にてwith CBR650R

※しんきや旅館さんのHPは理由不明ですが開けなくなっています

「やまなみハイウェイ」を走る

①湯布院エリア

いよいよ今回の九州ツーリングのハイライトの一つ、バイカー聖地・阿蘇編のスタートです。

早速、大分r11に入り、山道ワインディングを登っていきます。

大分県道r11「やまなみハイウェイ」を走るwith CBR650R

豪快なカーブが続く登り道ゆえにバイクを停めて撮影できるような場所は無く、ある程度登り切った所でなんとか道脇にCBRを停めての撮影です。

大分県道r11「やまなみハイウェイ」を走るwith CBR650R

このr11は湯布院からメジャーロード「やまなみハイウェイ」となるようなので、この辺りはまだかな?

標高を一気に上げたため、山肌は紅葉モードになってます。

大分県道r11「やまなみハイウェイ」の紅葉風景を走るwith CBR650R

このダイナミックな風景の変わりように本日最初の感動。。。

しばらく走っていくと、今度は緑の風景に様変わり〜

その風景はやまなみハイウェイから「由布シルキーロード」に逸れて登って振り返った時に実感!

由布シルキーロードから眺めた緑と紅葉のダイナミックなコントラストの由布岳with CBR650R

眼下に見えるのがやまなみハイウェイ、緑の山の奥に聳えるのが由布岳のようです。

この緑と紅葉のコントラストの絶景は由布シルキーロードでしか写真に収めるのが難しそう。

由布シルキーロードは実質行き止まりでピストンになりますが、おすすめです!

②飯田高原〜長者原

あっという間に湯布院エリアを抜けて、お次は飯田高原から長者原エリアへ南下。

先ずは飯田高原道標にて。

やまなみハイウェイ「飯田高原道標」にてwith CBR650R

この辺りからインスタでもよく見かけるストレート主体のロード風景が続きます(^O^)

その先でロード右側に気になる風景を発見、ちょっと寄ってコラボしてきました。

飯田高原付近のやまなみハイウェイ脇にあった馬車とCBR650R

この奥の牧場のモニュメントのようでした。

しばらく走り、お馴染みの長者原道標発見!

やまなみハイウェイ「長者原道標」にてwith CBR650R

この伸びやかさに本日2回目の感動。。。

今日は平日の月曜ということで、さすがに空いていると思っていたら、僕が撮る前に3組ほどが行列してました(^◇^;)

ということは週末では人気ラーメン店のような感じなのか。。。

ここで撮影している間に数台の軍用車が列をなして走ってきたので、慌てて撮影〜

やまなみハイウェイ「飯田高原道標」付近で出会った戦車たちwith CBR650R

後でGoogleMapで見ると阿蘇エリア付近はいくつかの自衛隊駐屯地があり、案外よく見る風景かもしれません。

でもこの後走っていくと見事にこの戦隊の後尾につけたおかげで時速40キロで走る羽目に。。。(T . T)

途中追い抜きを考えましたが、さすがに軍用車を追い抜くのは気が引けてしまい。。。

これはやまなみハイウェイの風景を心に刻むチャンスだ!と捉え、のんびりと走っていくことに。

何とか我慢のツーリングをやり過ごした後、山間部では紅葉の山たちが身近に見えてきます。

やまなみハイウェイの山間部での紅葉風景with CBR650R

さらにその先の「牧ノ戸峠登山口」では点在する紅葉風景が広がっていました〜

やまなみハイウェイ沿いの「牧ノ戸峠登山口」の紅葉風景with CBR650R

この山間部エリアをぬけると、「やまなみハイウェイ展望台」という期待できそうな展望台へ。

やまなみハイウェイ展望台にてwith CBR650R

ご覧の通り、超オープンエアーな風景が広がってました〜\(^o^)/

この展望台自体は道脇の広いスペースのようで、知らないとスルーしてしまうかも(^◇^;)

さらにGoogleMapにも載っていない単なる道脇のスペースでまたもや紅葉風景とパチリ。

やまなみハイウェイの名もなき道脇のスペースで眺めた紅葉風景with CBR650R

それにしても良きロードと共に数ある展望台があるのはバイカーにとっては嬉しいことですよね。

こりゃ九州はもとより日本全国からバイカーが訪れるわけだ。。。

この2日目のコンセプトは「阿蘇・縦横無尽」なので、やまなみハイウェイだけでなく、GoogleMapにプロットされている数あるロードを堪能すべく、ウロウロしてみます(^O^)

先ずは「ぐるっとくじゅう周遊道路/R442」を東へ。

ぐるっとくじゅう周遊道路/R442を走る

その最中で初の熊本入り。

阿蘇を走る、ということだけを意識していたので、この看板で熊本入りを実感、埼玉から遥々来てるな~としみじみ。。。

しばらく走ると天空に続くかのようなロード風景とパチリ。

ぐるっとくじゅう周遊道路の「天空のプロムナード」にてwith CBR650R

GoogleMapには「天空のプロムナード」とありました。確かに。。。(*^◯^*)

ここでUターン、やまなみハイウェイを通り過ぎ、とあるスポットに向かいました。

それがこちら。


平野台高原展望所にてwith CBR650R

こちらは今回のツーリングの前にいろいろ調べていた中で、3年前のBIKEjin ・阿蘇特集号に「穴場」として紹介されていました〜(^O^)

着いてみるとすごくわかりにくい場所なのに外人さん達がいたので、知る人ぞ知る場所なのかな?

再びUターン、やまなみハイウェイと交差する付近の広めの駐輪スペースに戦車達を発見!

思わず寄ってみて、さらに近くにそろ~り接近してパチリ。

やまなみハイウェイ沿いの駐車場スペースに停まっていた戦車たちwith CBR650R

さらに自衛隊員たちが観光客と話し込んでいる隙にセンタリング〜(*^◯^*)

やまなみハイウェイ沿いの駐車場スペースに停まっていた戦車たちwith CBR650R

撮り終わった後、即退散〜(^◇^;)

やまなみハイウェイをさらに南下していくと、緑から秋色に近づきつつある丘に囲まれた風景に。

やまなみハイウェイの晩秋の風景with CBR650R

その先を左折、ヒゴダイロードに入り、最初はやまなみハイウェイと同じく、のびのび~でしたが、

ヒゴダイロードを走るwith CBR650R

途中から路面舗装工事中のようでしまった~。。。

これも一期一会、後輪タイヤを滑らせながら(^^;;、その先のうぶやま牧場でトイレ休憩。

R57に出て西へ、時刻はお昼近く、阿蘇ランチといえば、あか牛丼!ということらしいのでで、「あか牛丼専門店ごとう屋阿蘇店」さんで頂きました。

あか牛丼専門店ごとう屋阿蘇店のあか牛丼だご汁セット

「あか牛だご汁」というあか牛のだしの効いた汁とのセット(2,100円)を注文したのですが、このだご汁がだしが効いていて美味かった~

「阿蘇パノラマライン」を走る

阿蘇・縦横無尽ツーリングの後半戦に入ります。

r111をぐんぐん登っていくとこれまで遠くから眺めていた阿蘇五岳がぐんぐん迫ってきました!

阿蘇五岳を眺めながら阿蘇パノラマラインを走るwith CBR650R

インスタではすでにpostしてますが、表現するとすれば「荒々しく、美しく~」という感じです。

Googlemapによるとこのr111が「阿蘇パノラマライン」となっていくようですが、このスケール感といい、ロードの伸びやかさといい、そして広がる阿蘇五岳の風景といい、感動ものでした。。。(´;ω;`)

例えるなら白樺湖から登っていくビーナスラインの風景のスケールを大きくし、ワイルドな山が連なりながら居座っているような・・・

そんな感動をかみしめながら走っていきます。

お次に米塚展望地で眺めた山と。

阿蘇五岳を眺めながら阿蘇パノラマラインを走るwith CBR650R

秋色の山肌とすすきのコントラストが見事~!

平日月曜ながら混雑気味の草千里展望所には寄らず、ロード脇にてパチリし、

その先の阿蘇山アドベンチャートラックというスペースにて。

阿蘇五岳を眺めながら阿蘇パノラマラインを走るwith CBR650R

この辺りは阿蘇パノラマラインで停められそうなところは全てpicに収めてやる!の意気込みでした(^^;

そしてまだまだ続きます~

阿蘇五岳を眺めながら阿蘇パノラマラインを走るwith CBR650R

烏帽子岳展望台で烏帽子岳とコラボ〜

阿蘇五岳を眺めながら阿蘇パノラマラインを走るwith CBR650R

阿蘇パノラマラインの最後は「南阿蘇パノラマライン展望所」にて。

南阿蘇パノラマライン展望所にて

こちらは山側ではなく谷側に開けている展望所でした。

南阿蘇パノラマライン展望所にてwith CBR650R

溜息とウォーというつぶやきが連続した「やまなみハイウェイ」と「阿蘇パノラマライン」。

この2大メジャーロードの風景たちをしっかり心に刻み、走り終えました。。。

「道の駅あそ望の郷くぎの」で一休み。

道の駅あそ望の郷くぎのの駐車場にてwith CBR650R

先ほど眺めた阿蘇五岳を反対側から眺めながら、ソフトクリームを頬張る贅沢・・・

道の駅あそ望の郷くぎのにてソフトクリームを頬張る

そういえば熊本といえばくまモンでしたね(^O^)

道の駅あそ望の郷くぎのにてくまモンと出会う

そして、次なる阿蘇ロード「グリーンロード南阿蘇/ケニーロード」へ、いざ~!

と意気揚々と走っていったら、まさかの・・・

グリーンロード南阿蘇/ケニーロードの通行止め

ここまで来て走れないなんて、あきらめきれない!ということで、通行止めにたまにある、崩落区間以降は走行可能に期待して、ちょっと大回りしてロードインを試みるも・・・

グリーンロード南阿蘇/ケニーロードの通行止め

どうやら全線通行止めとしているようでした( ;∀;)

仕方ないか・・・とここであきらめ、r28を西へ走り、この次の名の付くロード「南阿蘇やすらぎロード」へ。

こちらは幅広1.5車線のワインディング。

南阿蘇やすらぎロードを走る

北側に眺望が抜ける道だったので、終始日陰でしたが、下って行くときに眺めた秋色の斜面は気持ち良き風景でした。

南阿蘇やすらぎロードを走る

南阿蘇やすらぎロードを走る

陽も落ち始めていく中、これまでのんびりと走っていたモードを急ぎ目に切り替え、R57を今度は北上、R212に入りうねうねワインディングを登っていったところで出会った風景です。

サンセットの阿蘇R212を走るwith CBR650R

サンセットの「ミルクロード」を走る

阿蘇のサンセット風景、なんて贅沢なんだ~

と思いつつ、最後に向かったスポットにて。

阿蘇・大観峰展望所にてwith CBR650R

阿蘇を代表する「大観峰展望所」を最後にとっておきました(^O^)

週末はかなり混雑しているスポットと聞いていましたが、平日月曜の17時ということで人はまばら。

先ほど「道の駅あそ望の郷くぎの」で眺めた阿蘇五岳を再び反対側から、オレンジに染まりかけた風景をしばし眺めながら、阿蘇の旅の余韻に浸りました。。。

阿蘇・大観峰展望所にてwith CBR650R

と言いつつ、時刻は進み、最後にとっておいた阿蘇ロードを暗い中走りたくな~い!ということで、出発。

その最後のロードとは「ミルクロード」~(^O^)

オレンジに染まりながら珠玉のロードを走る、という超贅沢な時間を過ごしました。

サンセットの阿蘇・ミルクロードを走るwith CBR650R

本当はもっとのんびり味わいながら走りたかったのですが、本日の熊本駅近くの宿までまだ50キロ以上あるいうことで、このpicを最後にアクセルをふかし気味で阿蘇の台地を駆けおりていきました。

サンセットの阿蘇・ミルクロードを走るwith CBR650R

この稜線がオレンジに染まる阿蘇五岳が九州2日目・大分~熊本・阿蘇縦横無尽編の最後の風景です。

夢のような九州北部周遊ツーリング2日目を終えました。

今夏に2泊3日の佐渡ツーリングに出かけていますが、本格的な一日近いフェリー旅を経て、本州を離れて九州にツーリングに出かけるなんて、40代後半でリターンして、大型免許取ってCBR650R を購入した頃では考えられないことでした。

そしてバイカー聖地・阿蘇入りという至高のロングツーリング。。。

 

本当にリターンしてよかった。

より遠くに出かけるために大型取得・大型バイクを購入してよかった。。

仕事も忙しい中、気合で有給を取得して、訪れてよかった。。。

 

そして、バイクにはまってかけがえのない人生の宝物となるバイクという趣味、いや生き甲斐を見つけられてよかった。。。。

 

なんてことをちょっと大袈裟ながら、しみじみ思ってしまいましたよ(^^;

阿蘇を走り、九州北部周遊ツーリングのメインは終わったかな?と思っていたイメージはいい意味で裏切られた3日目以降に突入していきます~

to be comtinued・・・ 埼玉発・九州北部周遊7泊8日ツーリング〈九州3日目〉熊本・天草~長崎・雲仙編

バイクツーリング is fun!

非日常を味わえるバイクツーリングはやっぱり人生に必要だ~!とあらためて思うchizuo_riderでした。

ブログをメールで購読

ブログ記事更新時にメールでお知らせ。
頂いたアドレスはもちろん非公開です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする