リターンライダー初心者、霧降高原を抜けて、日光の北の奥地へ(レンタルバイク編)

皆さん、こんにちわ。リターンライダー🔰ちずおです。

2018年9月23日、曇り。
今回は日光の北に位置する湯西川温泉エリアを目指し、霧降高原エリアを抜け、日光栗山線を北上し、さらには山奥1車線ルートを堪能する旅。

ちなみに初めての東北道ツーリングです。

相棒は2017年型・CBR400R。(CBR650Rツーリングは2019年5月以降です)

【首都圏日帰りツーリング】日光の北、湯西川を目指すルート

  • Ⓐ和光北インター
  • Ⓑ佐野藤岡インター
  • Ⓒ日光駅
  • Ⓓ大笹牧場
  • Ⓔ土呂部峠
  • Ⓕ湯西川 水の郷
  • Ⓖ千本松牧場

 

バイクで初の東北道

外環和光北インターから一気に佐野藤岡SAへ。

関越にはあまりない緑豊かなSA。バイクで来ると余計に感じるのかな?

日光宇都宮道路から日光エリアを目指します。

 

日光エリアへ

日光には小学校修学旅行以来、何度か来ているのですが、日光東照宮の記憶しかなく。。。
今回は日光の自然を感じる旅です。

日光インターで下りたら、ほどなく日光駅へ。ちょっとレトロな外観がよいです。

日光駅より霧降高原エリアを目指し、日光栗山線を北上。標高1,440m地点、晴れていれば緑がまぶしい牧場エリアのはずが、曇りどころか、〝霧降”な景色に包まれていました。。。

 

山奥1車線、土呂部峠を抜けて、湯西川エリアへ

大笹牧場で一休みした後に出発、県道249号線を左折し、いつもの「山奥」に入っていきます。

土呂部峠を越えて、落ち着いた雰囲気の山里を抜けて、湯西川湖エリアへ。
この頃には曇りから晴れになっており、緑の景色が広がっていました。湯西川湖を東へ走ってしばらくすると、「湯西川水の郷」に到着。
川の清流と緑が美しい場所でした。

「日塩もみじライン」から「塩原温泉郷」へ

湯西川エリアを出発、国道121号線を右折し南下、「日塩もみじライン」に入りました。
有料道路とあって、緑の景色が広がる走りやすいルートです。「日塩もみじライン」を抜け、「塩原温泉郷」に入ったあたりで、お腹が減ってきたので、お蕎麦ののぼりを出している「そば八」というお店に入りました。

食べログで調べるとそんなにポイントは高くなかったのですが、エイや!で入り、栃木の名物そば「ひたしそば」を初体験、大盛ボリュームとともに、「しょっぱさ」にも満足~。

※そば八さんはこちら https://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9008857/高速に乗る前に一休みということで、「千本松牧場」へ。
休日ということでファミリーがいっぱい、その中で一人たたずむおじさん。。。

千本松牧場を後にして、西那須野塩原インターより、東北道へ。

今回のソロツーも走ったなぁ。

これまで知っている日光とは違う、「自然あふれる新しい日光」を経験した、心に残るソロツーとなりました。

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です