ツーリングが原因?悲しみの腱鞘炎②【改善の兆し編】

201911月初旬の信州アルプス満喫一泊ツーリングの後に発症した手首の痛み。

腱鞘炎の疑い有り、ということで、3週間ほどの経過観察となり、湿布とジェルを日々貼りながら(塗りながら)、悶々とした3週間を過ごしました。

3週間の3つの週末は全て晴れ。

なのにツーリングに行けない悲しみは言葉に表せないです。

前回のブログでも言いましたが、まさに「悪夢」です。

しかも症状、痛みは悪化の一途。。。

湿布では良くならないのか?と思い、ネット検索&セカンドオピニオンクリニックにて、「動かさない=安静にする」という、考えてみれば当たり前の事実に突き当たり、遅まきながらアマゾンにて手首ガッチリ固めサポーターを購入して様子を見ることに。

これが前回のブログ内容です。

腱鞘炎の症状、痛みはさらに悪化。。。

あれから色々考えたのですが、確かにCBR650R購入後は怒涛のバイクツーリングに出かけていましたが、その前から手首(親指)の違和感は感じてました。

それは内勤が増えたことによるPC業務の影響かと思われ、操作が楽なマウスと手首が楽なマウスパッドを購入。

操作が楽なマウス&パッド

それでも会社のPC業務は減らせないと思うので、少しでも負担をかけない操作を心がけらようにしていくつもりです。

湿布、手首がっちり固定サポーター、マウス購入などでも、その後全く改善せず、更に痛みが増す状況。

なぜなのか?

そもそも腱鞘炎の想定治癒期間は12ヶ月とのことなので、早期治癒は難しいのか?

と、ここまではかなり「悶々」、「ネガティブ」な内容でごめんなさい。

少し反転。改善に一筋の光が。。。

ここからは少し反転。

ちょい「ポジティブ」な内容になります。

腱鞘炎改善の兆し・その1  新たな手首サポーター

更に悶々としているときにアマゾンから1通のレコメンドメールが届きます。

購入した手首がっちりサポーターの類似品のようです。

この商品への関心は薄らいでいる中で、何気なくみると、ちょっと違う商品でした。

何が違うかというと、手首&「親指」固定機能があることです。

そこで気付きます。

なるほど。

腱鞘炎の場所は手首ですが、親指を含めた動きも一因。(確かに親指を動かすと痛みを感じる)

これまで悪化の一途の原因は「安静にし切れていなかったことかもしれない」、と一気にイメージが湧きました。

早速購入したのはこちら。商品名は「MISHOW 手首サポーター」。

親指も固定する手首サポーター

それにしてもアマゾンレコメンドで購入したのは初かも(笑)。

風呂に入る時以外は常に装着した1週間を過ごしました。

すると悪化は止まった印象です。(but痛いままで改善は無し。。。)

腱鞘炎からの改善・その2 再診&ステロイド注射

3週間経過し、手首の痛みは動かすと強く認識できる状態が続いている中、湿布が品切れになったため、病院に行くことに。

適切なアドバイスをもらえないイメージがあったので、最初は湿布を補充するだけと思っていたのですが、今度はしっかり診てもらおうと受診することにしました。

同じ整形外科でも複数の先生が在籍していますが、どうせなら同じ先生に、ということでお願いしました。

平日の午後、早退し病院へ。

またもや受付後2時間待ち。。。

その間、病院でノートPC開いて仕事してました。親指は最小限で(苦笑)。

僕の名前が呼ばれ、診察室に入り、今度は丁寧に状態を説明。

・更に悪化していること

・痛みの箇所と痛みの感じ方

・痛みを感じる動き

などなど。

そして先生から出た言葉は「注射を打ってみますか」。

確かにネットで調べていた時に、

「症状が明らかな場合にはステロイド薬の腱鞘内注射を行います」

とありました。そして、

「ステロイド薬の腱鞘内注射にて多くの症例で症状の改善はで得られますが、複数回の注射が必要な場合が多く、また、症状の再発も見られます」

の記述も。

先生からも同じ説明を受け、改善の可能性が高いということで、一発返事で「お願いします」。

ちなみに1ヶ月後に再診して改善していなかったら再注射、それでも治らなかったら、腱鞘切開手術とのこと。

その手術ではかなり高い確率で治癒するそうですが、先ずは1ヶ月で治ることを祈ります。。。

ステロイド注射で腱鞘炎に改善の兆し!

早速、注射。

結構鈍痛がありました。

が、打ってしばらくして手首を動かすと、少し痛みが引いていることに気づきます。

僕にとって待ちに待った「改善」〜!

でもこれは炎症を抑えているだけで、12ヶ月は効果は持続、その間に治癒を目指す治療だそうです。

ようやく一筋の光明が見えました。。。

1ヶ月後に再診を約束して、お礼を言って診察室を後にしました。

バイクツーリング復活へ!(気が早いですが)

と言いながら、手首・親指を動かすとまだ痛みは感じる状態。

発症後、今週末で1ヶ月が経ちますが、そこまではバイクに乗るのは我慢します。

ツーリング復活のX day12月第1週の週末、127日!

そこまでは安静を心がけ、病院の帰りにもらった湿布を貼り続け、何とか完治、少なくともライティングに支障のない状態に持っていくぞ!

一人で力んでしまい、すみません。。。

でも同じ皆さんならツーリングに行けない苦しみはわかってくれるはず。

しかし、信州アルプス満喫ツーリングで初期の紅葉を味わえたものの、本格紅葉シーズンは全く行けなかった。。。

しか〜し。

冬ツーリングを満喫する思いは強くなったので、これからは1年前に出かけた千葉の海など、海ツーリングを計画します!

そして、CBR650R、待ってろよ〜。

 

紅葉が見事な大町アルペンライン

 

 

バイクツーリング is fun!(基、pain!

リターンライダー大型初心者、地図男(ちずお)でした。

1+

ツーリングが原因?悲しみの腱鞘炎②【改善の兆し編】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 阿部千恵子 より:

    私は、MT09SP乗ってる40代女性ライダーです、。昨日ビーナスラインまで行きトータル470キロ走って帰って右手の痛み恐らく腱鞘炎です。湿布を貼り経過観察中です。2〜3日で良くなるでしょう?と思い様子見です。良くならなければ病院でブロック注射ですな。。。

    0
    1. 管理人ちずお より:

      千恵子さん、こんばんは~
      コメントありがとうございます。

      腱鞘炎、辛いっすよね。。。初めての発症ですか?
      月並みですが、先ずは整形外科で受診することをおすすめします。
      僕も当時はとにかく早く治してくれ~モードだったので、焦ってましたが(;^_^A。
      痛いからと言って、すぐに注射!とはならないような気がします。(注射は最終手段と言われました)
      そこでとにかくこちらの状態を丁寧に伝え、治療内容を相談し、最適な方法を決める。

      あとはとにかく原因となった習慣を認識し、それを治すことが長期的には最重要と思います。
      僕もそこを突き詰め、意識して乗るようになってから、再発症は抑えられてます。

      これから秋のゴールデンシーズンですもんね。一日も早い治癒をお祈りします!

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です