長野・東信ツーリング【前編】小諸~東御~上田の古き街と自然を満喫する旅

2021年9月25日(土)、東信エリアの古の街と自然を満喫するツーリングにCBR650Rと出かけてきました。

2年前に初めて訪れた上田市ですが、そのときには上田城しか行っておらず、その後、たくさんのスポットがあることをインスタフォロワーさんのpostで知り、満を持して?行ってきました。

旅の前半は東信の古き街巡り、後半はワインディングを攻める、メリハリの効いたツーリングでした~😄

東信エリアの古き街と自然巡りMap

【前編】
(関越道・所沢IC~)
ⒶⒿ上越道・小諸IC
Ⓑ小諸高原美術館
Ⓒ小諸城・大手門
Ⓓ海野宿跡
Ⓔ稲倉の棚田

【後編】
Ⓕ信綱寺(真田古城緑地広場)
~r35~
Ⓖ松代城跡
~r34~r182~鳥居峠
~つまごいパノラマライン南ルート
~r94
Ⓘ道の駅 雷電くるみの里

雨から晴れの道程で小諸ICへ

埼玉自宅を朝6時に出発、埼玉エリアはどんより空でしたが、Yahoo!天気での東信エリア晴れ予報を信じ、走っていきます。

いつもの所沢ICから関越道~上信道を走っていくと、雨がぱらついてきました。

ゲッ!と思いつつ、横川SAに入ります。

今回はレインウェア持参しておらず、スポーツ用のナイロンパーカを羽織ります。

まとまった雨でなければ、アウタージャケットの上に着込むナイロンパーカで十分事足りますので。

レインウェアを着て、機動力がそがれるのが嫌なんです。。。😓

横川SAではシニアアメリカン(おそらく?)のド派手なハーレー軍団と出会い、正面から撮る度胸は無く、後ろからの隠し撮りさせてもらいました😅

上信道・横川SAで出会ったハーレー軍団

幸いにもぱらついた雨はそれ以上になることはなく、群馬から長野に入って二つ目のトンネル・閼伽流山トンネルを出ると、青空が広がっており、思わず、ヘルメットの中でよっしゃー!

小諸ICに到着です。

上信道・小諸ICにて

幸先のよい今日の出だしに、充実の旅の予感・・・

上信道・小諸ICにて②

気持ち良い高台の小諸高原美術館

先ず向かったのは小諸ICに目と鼻の先の小諸高原美術館。

関心は美術館ではなく、街を見下ろせる高台からの景色です。

早速、最も高台に位置する美術館まで上がっていきます。

小諸ICにほど近い小諸高原美術館にてwith CBR650R

ご覧の通り町の絶景を収めようとしたら、完全逆光・・・😓

小諸ICにほど近い小諸高原美術館にてwith CBR650R②

逆のアングルでは朝日を浴びるいい感じの美術館が撮れました~😊

朝日を浴びる小諸高原美術館with CBR650R

直射日光をずらしたアングルでも、高台に佇むCBRをパチリ。

朝日を浴びる小諸高原美術館with CBR650R②

美術館を出発しようとしたら気になる場所があり、エンジンを停めてちょっくら記念撮影させてもらいました。

朝日を浴びる小諸高原美術館with CBR650R③

「ハローアニマル」にやや唐突感😅

晴天となった旅のスタートに気分をよくしてしまい、最初から撮影大会をしてしまいました~🙇

小諸~東御~上田スポット巡り

①イケてるデザインの「小諸城・大手門」

小諸市の街中を走り、美術館からすぐ近くの小諸城に到着。

このお城の大手門が見事で早速記念撮影です。

小諸城大手門とCBR650R

平成に入って修復を行った重要文化財の門に歴史の重みを感じつつ、なんてイケてるデザインなんだろう・・・と感激しちゃいました😍

②小諸のr40で出会った自然の風景たち

城内には入らず、東信の街巡りを続けるために東御を抜けて、上田へ。

千曲川沿いのr40を走っていくと、秋らしい風景と出会い、パチリ。

小諸のr40で出会った黄金色の田んぼwith CBR650R

赤い鉄橋をバックに黄金色の田んぼの風景、これは素通りできませんでしたよ。

次いで、ロード沿いに咲くコスモスの花たちと出会いました。

小諸のr40で出会ったコスモスの花たちwith CBR650R

ささやかながらメルヘンな気分~(オジサンながらすみません😅)

しばらく走っていくと、今度はさわやかな秋の自然風景から、ワイルドな風景を発見!

小諸のr40で出会ったワイルドな岩山風景(布引観音)with CBR650R

岩山を収めるために通りの反対の千曲川に落ちる寸前でエビぞりながら撮りました😅

そのままr40を走り、東御市に入っていきます。r40のロード風景はこんな感じです。

東御に入ったr40のロード風景

③古の雰囲気が残る「海野宿跡」

r165で東御市街を抜けて、海野宿に到着。

「○○宿」と言えば南信のR19と並走する旧中山道沿いにある妻籠宿や奈良井宿などしか知りませんでしたが、たまたまGoogleMapで見つけました。

この海野宿が本当に良かったです!

古き良き雰囲気が残っていることはもちろん、空いていて、バイクで通行できるということが理由です。

まず、入口付近でどぉ~んと大木に迎えられました。

海野宿の風景①「白鳥神社の大木」with CBR650R

CBRの長さより太い古木!早速、歴史を感じました。

海野宿の入口付近に位置する「白鳥神社」の境内に生えてます。

そして神社と言えば鳥居。記念ショットを忘れずに~

海野宿の風景②「白鳥神社の鳥居」with CBR650R

ちなみにこの海野宿はこの入口付近に駐車場もトイレも完備しています。

早速、海野宿に入っていきます。その入口にて。

海野宿の風景③「海野宿入口」with CBR650R

ちなみに海野宿は旧北国街道沿いにあります。ご覧の通り、綺麗に舗装されていました。

街道の両側に建つ昔ながらの建物を楽しみながら、そろーりと走っていきます。

海野宿の風景④「古き良き街並み」with CBR650R

それにしても人がいない。。。こんなに素晴らしい風景なのになんでだ?と思っていたら、お店らしきものがほとんど無く、それが理由?

こんな静かな古い街並みが続き、先ほどの入口の反対側の出口まで来ました。

海野宿の風景⑤「古き良き街並み」with CBR650R

歩いて散策したら、いろいろな発見があるかもしれません。

詳しくはHPにて→信州とうみ観光協会HP

僕はこの雰囲気の中をCBRで走れただけで大満足😍なので、そのまま海野宿を後にしました。

④黄金色の棚田と案山子に出迎えられた「稲倉の棚田」

海野宿を抜け、r176を北上していきます。

後ろを振り返ると、美ヶ原高原方面を望む風景が広がっていました~☺

r176より美ヶ原高原方面を望むwith CBR650R

そのまま真っすぐ伸びやかに続くロードを山方面へ。目指すは山中腹に広がる「稲倉の棚田」です。

r176より山方面を望むwith CBR650R

途中、坂とうねうねロードを走り、標高を上げて、棚田に到着。

駐車場を超え、バイクで走れるところまでゆっくり走って着いた場所がこちら。

上田市・稲倉の棚田の案山子ロードにてwith CBR650R

大勢の案山子に出迎えられました~😅

この風景に思わず笑みがこぼれましたが、夜に来たら結構怖いかも、とも思いつつ。。。

この軽トラしか通れない1車線を進んでいきたい欲求にかられながらも、調子に乗ると戻れさそうなので、少しだけ道が広くなった場所で何回か切り返してのUターン、その直前で棚田を見下ろしてみました。

上田市・稲倉の棚田から見下ろした絶景にてwith CBR650R

黄金色の棚田の向こうに上田~東御方面まで抜けた絶景が~🤩

山国・日本を感じさせる原風景ですね。

Uターンした後も、案山子ロードでパチリしちゃいました。

上田市・稲倉の棚田の案山子ロードにてwith CBR650R②

この案山子ロードと棚田も映るアングルを探してのショットです。

上田市・稲倉の棚田の案山子ロードにてwith CBR650R③

この風景の一段上にある駐車場でCBRを停めて、しばし一休み。

上田市・稲倉の棚田の駐車場にて

この駐車場の横の農村交流館の入口で休んでいた猫しゃんにほっこり~

上田市・稲倉の棚田の駐車場で出会った猫

最後に駐車場入口の「稲倉パノラマ盤」から広がる風景を眺めて出発しました。

上田市・稲倉の棚田の入口にあるパノラマ盤にて

東信のスポットを満喫した前編はここまで。

後編は上田市から山を越えて長野市に入り、また山を越えて群馬県嬬恋村に入り、さらに山を越えて東御市に戻る旅です。

バイクツーリング is fun!

たまにはこんな日本原風景巡りもいいもんだ、とあらためて思うchizuo_riderでした。

★前編で一番心に残ったコラボショットです💛上田市・稲倉の棚田の案山子ロードにてwith CBR650R④

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です