初夏のクリスタルラインツーリング/八ヶ岳~荒船山展望

2022年6月4日(土)、初夏の緑に溢れたクリスタルラインを北上、久々の南相木ダムから八ヶ岳、旅の最後には荒船山の眺望を楽しむツーリングにCBR650Rと出かけてきました。

一貫性のあるコンセプトではありませんが、甲州~信州~上州をタイトに楽しんできましたよ。

今回の旅は僕にとって「初」づくし。

通行止めが解除されたクリスタルラインを初走破、雪渓が残る八ヶ岳を眺めたのも初めて、ワイルドな荒船山をまともに眺めたのも初めてでした。

これまで訪れたことがありつつ、違うタイミングで走ると新たな風景を楽しめるというツーリングの醍醐味を味わうことも出来ました。

下道200キロ、高速往復250キロ、合計450キロの旅です。

クリスタルライン~荒船山ツーリングMap

(関越道・所沢IC~圏央道~中央道)

Ⓐ中央道・勝沼IC
Ⓑ牛奥見晴らしの丘

~クリスタルライン
Ⓒ乙女湖
Ⓓ木賊峠展望台

Ⓔ南相木ダム
Ⓕ龍岡城址
Ⓖ荒船キャンプフィールド
Ⓗ神津牧場
Ⓘ上信道・下仁田IC

(上信道~関越道・所沢IC)

久々の甲州へ

早朝6:00に埼玉自宅を出発、晴れの予報通りの朝空でした。

梅雨がもうすぐのこの時期、貴重な週末の晴れ。

出発時から気分も盛り上がってます😊

いつもの関越道・所沢ICから高速に乗り、圏央道~中央道・談合坂SAで最初の休憩。

ぎりぎり1台空いていたスペースに滑り込んで停めることが出来ました。

勝沼ICで高速を降りて、早速フルーツラインへ。

勝沼ICおりてすぐのフルーツラインの入口にて

駐車スペースで彼方に南アルプスを望んでみました~♫

フルーツライン沿いの駐車場で南アルプスを望むwith CBR650R

盆地の高台を走るフルーツラインは走って楽しい、のびやかなロード風景が続きます。

フルーツラインの爽快ロード風景

甲州の街を見下ろす「牛奥見晴らしの丘」でも南アルプス展望~😊

フルーツラインの牛奥見晴らしの丘にてwith CBR65R

この場所は3年前の大型免許取った次月にCBR納車後、たしか一週間以内に訪れた場所で懐かしさがこみ上げてきます。。。🥺

相変わらずの良き風景が続くフルーツラインをのんびりと流していきます♪

フルーツラインの爽快ロード風景with CBR650R②

フルーツラインの最後に富士山がちょこっと顔を出してくれました🤗

フルーツラインより富士山を望むwith CBR650R

クリスタルラインへ

道程50キロの林道が続くクリスタルラインへ、いよいよ入っていきます。

クリスタルラインのロード風景~乙女湖

それにしても有数の酷道なのに「クリスタル」というネーミングの由来は水晶の産地を走ることに名付けられたとのこと。

でもこのGapが何とも言えずユニークで走ってみたい気持ちになりますね😅

クリスタルライン①乙女湖までのさわやかエリア

最初は2車線がちょっと続きますが、

クリスタルラインのロード風景~乙女湖②

すぐさま1.5車線に~

クリスタルラインのロード風景~乙女湖③

えぐれたうねうね登っていくと緑も濃くなっていきます。

クリスタルラインのロード風景~乙女湖④

そしてまたもや2車線となり、この辺りはほどよいうねうねが続きます。

クリスタルラインのロード風景~乙女湖⑤

ほどなく乙女湖に到着。

乙女湖までは1.5車線も混ざりますが、走りやすい道程です。

湖の手前の鳥居峠広場に寄って湖を見下ろしてみました。

クリスタルラインのロード風景~乙女湖⑤

反対側にはつつじ?が可愛く咲いていました。

クリスタルラインのロード風景~乙女湖⑥

湖岸まで下りていき、乙女湖の石標とパチリ。

クリスタルラインのロード風景~乙女湖⑦

反対側の山側の空は晴れ渡り、これからの酷道を走るには絶好の天候!

クリスタルラインのロード風景~乙女湖⑧

クリスタルライン②木賊峠までの林道エリア

いよいよ1.5車線の続くクリスタルラインの林道エリアへ。乙女高原方面の「川上牧丘林道」に入っていきます。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠

入口の門は空いており、どうぞお入りください~と言っているかのようです😅

乙女湖の端に架かる橋から乙女湖の緑の美景を望む~

クリスタルラインのロード風景~木賊峠③

その先の最初の分岐点、「荒川林道」へ。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠④

クリスタルラインの分岐点には必ずこのような看板が付いており、道に迷う心配が無いのが良いところです。

クリスタルラインの方向のロード風景。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑤

しばらく走り、乙女高原エリアに来ました。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑤クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑥

この辺りはまだ爽快ロードの風景が続いてます😊

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑦

道幅は狭くなっていき、クリスタルラインと言えば1.5車線、の風景に。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑧

そんな狭道でもこの時期は新緑がロード両側を彩っているのが良き~🤗

そして制限速度ならぬ、「安全速度」20キロ以下の標識が点在してます。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑨

picには残せてませんが、全線舗装されているものの、凸凹が多数点在しており、30キロ以上で走るのはちょっと危険かも。。。

道の両端には落ち葉や小石がごろごろしてます。

このpicはちょっと落ち葉があるだけなので可愛いもんです。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑩

道幅は更に狭くなっていきます。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑪

次の分岐点の看板にて。この辺りは「御岳林道」。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑫

先ほどの分岐点と同じように鋭角で入っていきます。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑬

すぐ先の通行止めの看板にて。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑭

ここは元からの通行止めなのでご心配なく。

少し走るとロードコンディションが良くなってきました。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑮

須玉町に入ると、ようやく開けたエリアへ~🤩

クリスタルラインで落石注意の看板⑯

道の反対側にはここでもはっきりと「クリスタルライン」の文字が。落石注意&徐行と一緒に😅

クリスタルラインで落石注意の看板さらに抜けたエリアになってきます。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑰

様々な表情を見せてくれるのもクリスタルラインの魅力です。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑱

これだけ開けてるとクリスタルスカイラインと名付けられそう😅

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑲

クリスタルラインの中間ポイント、木賊(とくさ)峠の手前まで来ました。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠⑳

このすぐ先の木賊峠展望台で一休みです。

クリスタルラインのロード風景~木賊峠㉑

あの雲が無ければ富士山が拝めたのに・・・😥

クリスタルラインのロード風景~木賊峠㉒

木賊峠展望台でUターンして、クリスタルライン後半戦へ~!

クリスタルラインのロード風景~木賊峠㉓

クリスタルライン③北のゴールへ

木賊峠を下っていくとすぐ分岐点があり、増富温泉方面へ。「観音峠大野山林道」と言う名前です。

クリスタルラインのロード風景~北のゴールへ

さらに緑が濃くなっている山道を気持ちよく流して行きます。

と思ったら、大きな凹が。。。

クリスタルラインのロード風景~北のゴールへ②

このような看板があれば避けられるのですが、それはこれだけ大きい凸凹があるからですね😓

先ほども書いたように、小さい凸凹は無数にあり、走りながら見つけても避けられず、凸凹に突っ込んで腰を浮かせるのも間に合わず、すでに何度もお尻を強打、してます😥

なので、先ほどの安全速度は守り、出したとしても30キロほどに抑えるべきかな・・・😅

最後の分岐点に来ました。ここからは「本谷釜瀬林道」。クリスタルラインのロード風景~北のゴールへ③

瑞牆(みずがき)山方面へ向かいます。

この辺りの緑はほんと気持ち良くて、森林浴しながら走ってる感覚です

クリスタルラインのロード風景~北のゴールへ④

しばらくグリーンシャワーを浴びながら走りました♪

クリスタルラインのロード風景~北のゴールへ⑤

瑞牆山荘まで来ると、多くの登山者で賑わってました。

クリスタルラインのロード風景~北のゴールへ⑥ クリスタルラインのロード風景~北のゴールへ⑦

ソフトクリームが一瞬食べたくなりましたが、まだ午前中ということでパス!

ここからは幅広1.5車線を一気に下っていくと山道が終わり里山風景に。

クリスタルライン五郎舎付近にてwith CBR650R

CBRの横の彼方には南アルプス?がお目見え〜

クリスタルライン五郎舎付近にて南アルプスを望むwith CBR650R

更に進むと少しまとまったポピーが咲いていました。

クリスタルライン五郎舎付近にて南アルプスを望むwith CBR650R②

この開けたエリアがクリスタルラインの北のゴールです。

クリスタルライン五郎舎付近の北ゴール地点にて

r610とのT字路がそのクリスタルラインの最終ポイント。

いやぁー、酷道の代名詞ながら、緑が溢れる爽快エリアも存在するクリスタルライン、楽しかったです!

信州峠を抜けて長野県川上村へ

先ほどのT字路を右折、山梨と長野のボーダー信州峠を越えて、長野県川上村へ。

緑あふれる信州峠にて

名前からして信州を代表する峠のイメージがありますが、風景としては何にも無し。。。😓

緑あふれる信州峠にて②

信州峠を下って行くと、爽快ストレートロードに出会いました!

信州峠から下ったストレートロードにてwith CBR650R

CBRの横は白く光る畑風景が~🤩

信州峠から下ったストレートロードにてwith CBR650R②

ビニールに覆われたキャベツ畑?でした。

嬬恋パノラマラインのキャベツ畑の緑とは違う、こちらも趣のある風景です。

r68とぶつかって左折、道なりに走っていくと、川上村の看板とその向こうには高さのある川上大橋が空を突っ切ってました。

長野県川上村の看板と川上大橋とCBR650R

道端には先ほどと同じ白いビニールに綺麗に植えられた花々が並んでます。

長野県川上村のフラワーロードにてwith CBR650R

このようなおもてなしを受けると、好感の持てる村だな~と思います😊

R141を右折、少しうねうねしながら下り、南牧村役場前のセブンイレブンで休憩。

R141沿いのセブンイレブンにて

ここで先ほどのクリスタルラインで食べ逃したソフトクリームを思い出し、コンビニアイスを買ってしまいました。。。😓

R141沿いのセブンイレブンで買ったソフトクリーム

コンビニアイスとしては美味しいと思いましたが、後で後悔することになります。。。

南相木ダムで八ヶ岳を眺める

セブンからすぐ近くの海ノ口大橋を渡ると、緩やかなカーブが続く快走2車線が続きます。

r2にぶつかり右折、ここからは真っ直ぐ主体の2車線。

南相木ダムに続く快走2車線

ついアクセルを回し気味になりますね😅

しばらく走ると幅広1.5車線に。

南相木ダムに続く快走1.5車線

ダムが近くなってくると、少しうねうねの坂になると共に緑も鮮やかになってきました。

南相木ダムにほど近い鮮やかな緑の山with CBR650R

緑がまぶしー!

更に登っていくとダムが見えてきました。

白亜のロックフィルダム・南相木ダムにてwith CBR650R

このダムは石を積み上げて造られたロックフィルダム。

日本一の標高にあるそうで、その標高1532m。

通りで涼しくなってきたと思いました。

そしてpicの通り、白亜のロックフィルダムというのが素敵なところ。

ダムに隣接する広場の奥まで行くと、広場まで白い石で統一されてます。

白亜のロックフィルダム・南相木ダムにてwith CBR650R②

ここに来るのは2年ぶり2回目ですが、いやぁ、綺麗な風景です😊

こんなに良きスポットなのに誰もいない。。。穴場ですね。

誰もいないことをいいことに、ダムの石標まで手押しで移動してパチリ。

白亜のロックフィルダム・南相木ダムにてwith CBR650R③

そしてもう一つ、このダムからは八ヶ岳が展望できるのも好きなところ。

白亜のロックフィルダム・南相木ダムにて八ヶ岳を眺めるwith CBR650R

pic右上に見えてるのか八ヶ岳。

山頂付近には雪渓が少し残っていて、前回眺めた南&中央アルプスもそうでした。

2回続けて信州の連峰を眺められるなんて、なんて贅沢なんだろう。。。😊

八ヶ岳をじっくり眺めようとCBRを降りて、少し散策。

白亜のロックフィルダム・南相木ダムにて八ヶ岳を眺める

ダム上を歩いてみます。

白亜のロックフィルダム・南相木ダムにて

誰もいない。。。

そしてダム上から八ヶ岳を眺めながらしばし一休み。

白亜のロックフィルダム・南相木ダムにて八ヶ岳を眺める②

日本一の高いところにあるロックフィルダムで、

白亜の風景が見事で、

八ヶ岳も展望できる。

そしてこんな素敵なスポットなのに空いている。

南相木ダム、おススメです!

南相木ダム(奥三川湖)の情報はこちら →  南相木村HP

龍岡城址へ~八ヶ岳・浅間山展望

ピストンで南相木ダムから来た道を戻り、R141と並走するr2をのんびり走っていきます。

長野県r2をのんびり流すwith CBR650R

長野県佐久市に入っていますが、この辺りは八ヶ岳が展望できる贅沢なエリアです~🤗

長野県佐久市r2で八ヶ岳を眺めるwith CBR650R

しばらくr2を走っていると前面に浅間山が!

長野県佐久市r2で浅間山を眺めるwith CBR650R

そして後方は八ヶ岳~!

長野県佐久市r2で八ヶ岳を眺めるwith CBR650R

前回の南信ツーリングで伊那谷を走った時に右手に南アルプス、左手に中央アルプス、というシチュエーションを思い出しました。

日本有数の連峰を眺められる信州ツーリングは病みつきになりますね😅

ほどなく龍岡城址に到着。

この城址は日本に2つしかない五稜郭で有名です。

先ずはその五稜郭の名残にある城の突端にて。

長野県佐久市龍岡城址にてwith CBR650R

龍岡城の大手門手前でもパチリ。

長野県佐久市龍岡城址にてwith CBR650R②

駐車場でCBRを停めて散策開始。

まずは五稜郭の歴史などの展示がある五稜郭「出会いの館」へ。

龍岡城五稜郭であいの館にて

龍岡城五稜郭であいの館にて②

展示館を出た後、五稜郭に入っていきます。

お堀を渡り、

龍岡城五稜郭のお堀

大手門後を超えると、城址内の神社の灯篭に迎えられました。

龍岡城五稜郭内の神社の灯篭

そして五稜郭内にはお城の跡は残っておらず、地元の小学校になってます。

龍岡城五稜郭内の小学校

櫓などは残っていない城址なので、見学というよりちょこっと散策しながら一休みするスポットでした。

龍岡城址の情報はこちら → 龍岡城五稜郭HP

龍岡城を出てさらに北上しつつ、先ほどの浅間山と八ヶ岳に囲まれた贅沢な風景を楽しみながら、引き続きのんびり走っていきます。

八ヶ岳~長野県佐久市のr120付近から眺める八ヶ岳with CBR650R

浅間山~

長野県佐久市のr120付近から眺める浅間山with CBR650R

このエリアでぐるぐる走ったのでUターンして浅間山とコラボしてます😅

そしてこの八ヶ岳を最後に贅沢なエリアを後にしました、

長野県佐久市のr120付近から眺める八ヶ岳with CBR650R

荒船山展望を楽しむ

このツーリングの最後のコンセプトは「荒船山の眺望を楽しむ」。

荒船山を展望できる場所を探しながら、R254を横切り、r44を右折し、東へ走っていきます。

しばらく里山風景の中を走っていくと、

長野県r44の里山風景を走る

緩やかなカーブが続く快走2車線に。残念ながら眺望は抜けず。

長野県r44の快走2車線を走る

r44沿いにある牧場から眺望が期待できそうだったので、そちら方面へ。

長野県r44の快走2車線を走る②

ほどなく開けた場所に出ました。

r44沿いにある荒船山キャンプフィールドにてwith CBR650R

荒船山キャンプフィールドという名前のキャンプ場のようです。

名前からして荒船山の展望が期待できそう~😊

このキャンプ場に入る前にr44の少し先まで行ってみました。

r44沿いにある荒船山キャンプフィールドにてwith CBR650R②

なかなか気持ちよさそうなロード風景です。

Uターンしてキャンプ場の入り口まで行ってみると・・・

荒船山キャンプフィールド入口にて荒船山を望むwith CBR650R

荒船山見参~!

やっと出会えました~♪

拡大してみるとこんな感じ。

荒船山キャンプフィールド入口にて荒船山を望むwith CBR650R②

荒船山の名前の由来は「荒波を割って進む船のよう」とのこと。

これこれ、このワイルドな風景を見たかった~!

この後も眺望に期待しつつ、キャンプ場の中に入って一休み。

荒船山キャンプフィールドにて

車以外の数少ないバイクとパチリ。

荒船山キャンプフィールドで出会ったバイクたち

実はここで美味しそうな牧場の濃厚ソフトクリームが売っていたのですが、先ほどセブンイレブンで食べてしまったので、断念。(さすがに一日に2つは・・・)

クリスタルラインの瑞牆山荘とこの牧場の本格ソフトクリームではなく、セブンイレブンのソフトクリームだけ食べる結果にがっくり・・・😭

気を取り直して出発します。

この後もr44を走る中で荒船山が見える度にCBRを停めて記念撮影しておきました😊

r44から眺めた荒船山の風景with CBR650R

r44から眺めた荒船山の風景with CBR650R②

r44から眺めた荒船山の風景with CBR650R③

沢山の荒船山に出会えて満足~😍

r44沿いの神津牧場で最後の休憩です。

牧場の牛たちを見ながら少し歩きます。

r44沿いの神津牧場にて

r44沿いの神津牧場にて②

のどかだ~😊

r44沿いの神津牧場にてwith CBR650R

遠くに緑の山々を眺め、神津牧場を出発。

R254に出てしばらく走り、下りのカーブを曲がると、ここでも荒船山どぉ~ん!

R254のパーキングで荒船山を眺めるwith CBR650R

ここで眺めた荒船山が一番インパクトありました😊

これでもか、というくらい荒船山を眺めるという旅の後半の目的を果たし、満足しながら帰路に着きました。

R254を東に走り、上信道・下仁田ICから高速に乗り、関越道・所沢ICへ。

クリスタルライン走破から始まった今回のツーリングプランでしたが、それだけでは勿体ない、ということで、南相木ダムと荒船山展望を加えてほんと良かった。。。

新緑の風景の中、様々な表情の林道クリスタルライン走破

白亜のロックフィルダム南相木ダムとそこから眺めた雪渓の残る八ヶ岳

田園風景から眺めた八ヶ岳と浅間山

そしてワイルドなビジュアルの荒船山

走って良し、眺めて良し、訪れて良し、のツーリングの楽しさを存分に楽しめました。

これから梅雨の季節に入り、ツーリングに行けないことが多くなるかもしれませんが、梅雨の後に訪れる夏本番でのツーリングプランをしたためようと思います😊

バイクツーリング is fun!

といいつつ、梅雨の間の週末の晴れは万難を排してツーリングに出かける気満々のchizuo_riderでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です