リターンライダー初心者、冬の房総半島(東側)・海ツーリング(レンタルバイク編)

皆さん、こんにちわ。リターンライダー🔰ちずおです。

2018年12月1日。
先週の初の海ソロツーの房総半島WESTの旅があまりにも感動したので、2週続けて房総半島に繰り出すことにしました。
今回はEASTめぐり。
先週の房総半島ツーリングはこちら リターンライダー初心者、初の海へ。晩秋の房総半島(西側)・爽快ツーリング。

外環をひた走り、東関道~千葉東金道路~銚子連絡道路のルートで銚子を目指し、銚子ドーバーライン、九十九里ビーチライン、九十九里道路に沿って海を満喫しながら南下する旅です。

しかし、ネーミングのついたたくさんの道路があるものだ~。

今日の相棒はKAWASAKI Ninja400。(CBR650Rツーリングは2019年5月以降です)

房総半島EASTソロツー

Ⓐ外環和光インター
Ⓑ千葉東金道路・野呂PA
Ⓒ九十九里浜
Ⓓ銚子港
Ⓔ犬吠埼灯台
Ⓕ名洗港海浜公園
Ⓖお食事処まるに
Ⓗ九十九里道路
Ⓘ東金九十九里道路 ⇒千葉東金道路から埼玉自宅へ

 

埼玉から銚子港、そして犬吠埼へ。

朝6:00に埼玉自宅を出発。和光北インターより外環に乗り、東関道から千葉東金道路まで一気に走りました。
緑の多い公園のような野呂PAで一休み。片側一車線の銚子連絡道路を抜け、国道126号線から九十九里浜に沿って走る九十九里ビーチラインに。
九十九里浜ビーチラインは海沿いではないルートが多いので、海が見える道を探しながら、九十九里浜にようやくたどり着きました。まぁ、海の眺めのスケールの大きさに圧倒されました。。。
来てよかった~。

銚子港を目指し、出発。
途中でキャベツ畑に大きな風力発電が数多く設置されていた風景が目に泊まり、一枚。銚子港エリアに入ると、すぐ横は利根川河口。
もはや川とは言えないスケールの大きさにこちらも圧倒されました。
銚子港沿いのコースを走り、犬吠埼灯台へ。
すぐ手前の海浜で犬吠埼灯台と一緒の一枚~。最初の目的地、犬吠埼灯台に到着。白いその外観は青空に映えて、美しい~。せっかく来たので、灯台の外側の散歩道をゆっくり散策。さらには灯台の中へ。
展望台まで上がり、そこから見える海も広く、きれいでした~。

房総半島EAST海沿いの旅、銚子ドーバーライン~九十九里ビーチライン

犬吠埼灯台を出発、少し走って、銚子マリーナの横にある名洗港海浜公園で一休み。 いよいよソロツーの二つ目のハイライト、九十九里浜・海沿いソロツーの始まりです。
銚子ドーバーラインから九十九里ビーチラインを抜け、九十九里道路手前まで疾走しました。
気温も穏やかで、海風を体感しながら、走るルートの気持ちよさと言ったら!

お食事処まるにさん

お腹も減ってきたので、九十九里道路道路に乗る前にランチを取ることに。
海鮮丼が食べれる食堂をグーグルで探し、まるにさんに入りました。

荒汁付きの海鮮丼、美味しくいただきました。 腹ごなしにすぐ近くの砂浜を散策。
海だけでなく、広い砂浜は九十九里ならではです。

正真正銘、海沿いをひた走れる九十九里道路

最後のハイライト、九十九里道路に入ります。
海沿いの直線がほとんどのこのルートは本当に気持ちの良いコースでした。九十九里道路を走り切ったところで、一宮PAに入り、海を眺めながら、一休み。

東金九十九里道路から来た道を戻りつつ、埼玉自宅へ

九十九里道路を下りて、しばらく南下するも、九十九里道路をもう一度走りたくなり、Uターンしてしまいました。。。途中で東金九十九里道路を左折して、千葉東金道路に乗り、埼玉自宅への帰路に着きました。

スケールの大きい海を満喫したソロツーは何というか、圧倒された時間の連続で、高揚感に浸れたツーリングとなりました。

 

リターンライダー1年目終了、2年目へ

山奥を目指したソロツーで始まったリターンライダーでしたが、一年後に2週連続で海沿いソロツーを経験し、山だけでなく海も含めて、自然の中を走り抜けるバイクツーリングって、最高です!

このソロツーで冬も始まるということで、しばらくツーリングは小休止。

来春が待ち遠しい~。

この冬で大型二輪取得を目指す予定です。
レンタルバイクを卒業し、バイク購入も検討します(あくまで予定です!)。

より充実したリターンライダーライフ2年目を迎えるべく、この冬はリターンライダー1年目を振り返るブログを書き綴っていきたいと思います。

引き続き、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です