リターンライダー50歳、大型二輪の挑戦 ~第一段階AT、3・4・5時限(見極め)~

リターンライダー初心者🔰の地図男(ちずお)です。

レインボーモータースクールにて、先週に続き、この週末で第一段階を終えるべく、教習に臨みました。

土曜日は3・4時限。

 

【3時限:AT(オートマ)教習】

排気量が大きいだけでなく、ニーグリップが効かない大型AT車の取り回しにてこずりました。

教官には

・くるぶしを使ってAT車を抑える

・エンジンの位置は「中央より後ろ」を意識して、重心を考える

の2点を教わりながら、なんとか体験終了。。。

 

【4時限】

低速域でのコントロール、主に「S字」と「屈折」のクランクを教わる3時限。

S字クランクは比較的容易で、2速で入ることでクリアできたのですが、屈折クランクは状況に応じて、2速と1速を使い分けながら、基本「半クラッチ」でコントロールするのが、結構難しく、てこずりました。。。

『進入前に低速スピードをつくること』が重要ですが、体得しきれない状況。。。

なんとか5時限へ進めました。

日曜は第一段階の見極め5時限と第二段階1時限。

 

【5時限】

第一段階の見極めです。

これまで書いてきましたが、スラロームと屈折クランクで苦手意識のまま、第一段階の見極めを迎えることになり、ちょっと不安。

昨日の夜にYoutubeでスラローム(屈折クランクはいい動画がなく。。。)を何回も見て、動作を理解して臨みました。

レインボーモータースクールのコースは、坂道の後にスラロームがあるのですが、坂道を下りながら1速から2速にシフトチェンジする流れです。

 

ここで「失敗」をしでかします。

 

1速から2速へのシフトチェンジをしていたつもりが、3速まで上げてしまう状態を、自分でも気が付かないまま、続けてしまいました。。。(汗)

スラロームだけでなく、他の1速から2速へ上げる場所でも3速になる場面が何回もつくってしまいました。

なんか低速でのパワーが無く、しっくりしない感じが続いていました。

スラロームでは3速で入ることが続き、エンストやら、低速ではない状態で入ってしまうやら。。。(汗)

日曜は混んでいるためか、僕のマシンのランプなどチェックしきれず、教官から言われたのは後半に差し掛かったころ。

そのときはすでに焦りの状態なので、時間内に技能を磨ききれずに終わりました。

 

当然、「もう一回」・・・( ;∀;)

 

【再5時限:見極め】

見極めの時間まで技能を磨き切れず、かつ、先ほどの「失敗」。

コンディションを整えようと、深呼吸やら、落ち着け~、と言い聞かせるも、続けての時間だったこともあり、整えきれないまま、再5時限を迎えます。

スラロームは<一瞬のアクセルオン&オフ → 車体傾け → コーンを曲がる> を繰り返し、上達し切れない感じでしたが、きっかけはつかめました。

屈折クランクは<進入前のスピード抑え → 低速ギア(1速 or 2速)& 半クラッチ で進む>を繰り返すものの、体得し切れず、こちらもコーンに当たるわ、乗り上げるわ、で散々。。。( ;∀;)

なんとか後半で屈折クランクもきっかけ、というか、頭でこうすればいい、を理解し、最後はコーンにかする程度で済むようになりました。

 

レベル低!・・・( ;∀;)

 

今回も「もう一回」、と言われると思いましたが、ギリギリの点数でパス、とのこと。

自分としては「もう一回」やって、レベルを標準まで上げたうえで第二段階に進みたかったのですが。。。

 

まぁ、次の週末までには、気を取り直して、次回第二段階にトライしますわ。

各課題での基本技能の理解、YouTubeチェック、コース予習、などしっかりやって臨みます。

 

50歳での大型二輪はやはり難しかったのかも?

などとネガティブモードになりました。

が、免許取得して、大型ならではのゆとりのパワーでツーリングに行くことをイメージしながら、なんとか一週後には復活して、頑張ります!

 

 

 

 

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です