リターンライダー50歳、大型二輪の挑戦 ~第二段階シュミレーター、5時限~

リターンライダー初心者🔰の地図男(ちずお)です。

毎度レインボーモータースクールにて、この週末は卒検直前の講習を進めました。

これをクリアしたら、いよいよ大詰め。

 

第二段階・シュミレーター

シュミレーター講習は実際のバイクではなく、シュミレーターを使っての「危険予測」を学びます。

最初は不慣れでしたが、すぐ慣れたものの、車の脇から人やら自転車が出てくるわ、右折の車と衝突しそうになるわ、で、油断はできません。

シュミレーターが終わった後は、自分の走行の再生を見ながら、復習と反省をしていきます。

最後に座学的に「1分に一つの交通事故が日本で起きている」「死者は年間3500人」などを丁寧に教官が教えてくれました。

 

第二段階・5時限「第二段階最終見極めの前の振り返り」

そして、これまでの振り返りの5時限です。

先週ブログで書いた通り、自分としては技能が満足いくレベルではなく、特にスラロームと波状路をYoutubeでチェックし続けた先週平日でした。

・スラローム → しっかりニーグリップしてバイクを倒して曲がり、アクセルをあてる

・波状路   → 腰の位置をバイクの重心に、後は断続クラッチとアクセルワークで

が自分の課題だったので、このあたりをイメージしながら、課題走行にトライしました。

 

(卒検の2コースは頭に入ってきた感じです)

 

「スラローム」

アクセルワークはぎこちなかったのですが、前回までのようなパイロンに触れることなく、やり過ごせました。

ただし、7秒を切ることが出来ず。。。

でも、アクセルワークとバイクを倒すコツ(「テンポ」みたいなもの)は少し体得した感じです。

 

「波状路」

これが難関で最初はエンストするわ、路から出るわ、で上手くいかず。。。

そのとき教官より「入るスピードが遅すぎる」とのアドバイスを頂き、なるほど、と。

スピードを気持ち上げて、波状路に入ると、イイ感じに。

アクセルワークと断続クラッチも少し合ってきて、やり過ごせました。(しかし、最後の走行でのこと)

 

ほかの「急制動」「一本橋」もまだ自信がなく、

「急制動」

スピードを40キロを出し切れず。。。

 

「一本橋」

一本橋に乗った後のアクセルが弱すぎる。。。

 

てな状況です。。。

 

まぁ、少しづつ上達している実感は感じることが出来ました。

教習後に教官に呼ばれ、今回同じ教習に5人いたのですが、若くてウマい若者と僕の二人が最終段階の6時限に進むことが出来ました。

上達感はあるものの、合格レベルではないと思っていたので、少し意外。。。

 

来週はいよいよ卒検手前の「見極め」6時限です。

不安を抱えつつ、やれることは「イメトレ」しかないので、平日にYouTube見ながら、イメージだけは仕上げておこう、っと。

 

また、来週!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です