夏の日帰り福島ロングツーリング~羽鳥湖周辺は快走ルートパラダイス!<前編>

夏の羽鳥湖ツーリングBESTルート「r37」

2019年8月24日、埼玉自宅から栃木県を超え、福島南部の夏の緑でいっぱいの羽鳥湖周遊ツーリングに行ってきました。

そこは快走&爽快ルートパラダイス

遠くまで出かけた甲斐がありました~。

ワインディングが走りやすいスーパースポーツとツアラーの両方のキャラを持つCBR650Rツーリングにぴったし!
(どっちにも振れていない、という感じです)

 

しかし、この距離は50代のオジサンにはきつかったかもしれない。。。

酷暑時期のツーリングということで少しでも北に!のコンセプトで東北道を150キロ北上。

高速区間往復300キロ、下道200キロの計500キロを超える日帰りツーリングはカラダ的にきつかった〜、but、ココロは満足のツーリングでした!

日帰りツーリングとしては長い距離を走ったので、2回に分けてブログをUPします。

 

大型初心者が選ぶ、本日のBEST「快走&爽快ルート」

1位:r37(白河羽鳥線)
白河から道の駅羽鳥湖高原までのほぼ二車線の20キロ。これから快走ルートが始まりますよ〜的な雰囲気たっぷりの田んぼの田園風景からスタート、山間部は整備された区間が長く、激しいヘアピンも少なく標高を上げていく、気持ちの良いワインディング。

2位3位は<後編>にて!

 

※大型初心者の僕が「気持ちよく走る」(初心者ちょい中級者向け)をコンセプトに選んでおります。🙇‍♀️

羽鳥湖日帰りツーリングMap<前編>

今回のルート<所沢IC→黒磯板室IC→りんどうライン→R294→白河小峰城→r37→羽鳥湖>
※次回は<羽鳥湖周遊→R118→R121→R289→r290→r17→黒磯板室IC→所沢IC>です

Ⓐ所沢IC
Ⓑ黒磯板室IC
Ⓒりんどうライン
Ⓓ道の駅 東山道伊王野
Ⓔ白河小峰城
Ⓔ→Ⓕr37(白河羽鳥線)
Ⓕ羽鳥湖

 

東北道を北上、黒磯板室ICへ

朝6時に埼玉自宅を出発、関越所沢ICから圏央道経由で東北道へ。

いつもの佐野SAで最初の休憩です。2週前に来た時よりも花が綺麗に咲いていました。(気のせいか?)

毎度のことながら、駐輪場からはみ出してます。。。

次の上河内SAでも休憩~。目の前のHonda rebel の20代のわこうどが、これからのツーリングで仲良く談義してました。

黒磯板室ICで東北道を降りると、いきなり整備された道と山と林間が広がる那須っぽい?風景が広がります。

今日のツーリングへの期待感上昇~。

のんびり走れる「広域農道りんどうライン」

ICを降りたら、のんびりツーリングの代名詞「広域農道」がすぐ始まります。

名は「りんどうライン」。25キロのほどよい距離です。

真っすぐな道も多く、ぐりぐり攻める人には少し物足りないかも。

でも道沿いには牛のにおいがぷんぷんする牧場あり(決して批判ではありませんよ~🙇)、背が伸びているトウモロコシ畑あり、とのんびりツーリングを旅情的にしてくれるコンテンツが続きます。

りんどうラインを抜け、R294を右折するとすぐの「道の駅 東山道伊王野」で休憩。

少しでも日陰でバイクを停めたい~ということで、トイレの横のギリギリ日陰のスペースを見つけ駐輪しました。
一応駐輪エリア内です。。。

市場も開かれており、活気がありました。こういう道の駅、いいですよね。

道の駅 東山道伊王野HP

白河小峰城めぐり

そのままR294を北上し、福島に入りました。

8月初旬の磐梯吾妻スカイラインツーリングを思い出し、日帰りで福島は遠くないかい・・・?が頭をよぎりました。

しか~し、まだツーリングは始まったばかり。すぐ忘れました(笑)。

磐梯吾妻のときも思ったのですが、福島の国道Rはほんと走りやすく、山間部の景色も目を楽しませてくれます。

ほどなくして、白河駅の北にほぼ隣接する「白河小峰城」に到着しました。

白河小峰城HP

無料駐輪場にバイクを停め、散策開始。

このお城の石垣も立派ですが、芝生のきれいさも印象に残ります。

iphone XRで撮ってますが、加工はしてませんよ!

整備担当のおじさんが芝刈り機で整備中でもありました。ご苦労様です。

城の門をくぐったあたりから、雨が降り出してきました。

通り雨をやり過ごすのには城めぐりはちょうどよいかもしれません。

白河の町を見下ろせるポイントでの一枚。空はどんより。。。

天気が気になりながらも天守閣を見学しました。無料です。

たしか三階建てで、その途中の一枚。しっかりした造りがうかがえます。

本日のベストルート「r37」で「羽鳥湖」へ

30分ほどで雨は止み、気を取り直して出発です。

白河の中心部から北西へ向かうr37(白河羽鳥線)を走り始めました。

GoogleMapで事前にストリートビュー確認したところ、二車線ぶりが良さげ~、でしたが、実際は期待以上!

先ず最初にまっすぐ伸びる二車線ルートの両側を彩る田んぼと山の夏の緑が迎えてくれました。Good~。

しばらく走ると標高を上げるルートに変わってきます。カーブはきつくなく、道は整備されており、走りやすい!

気持ちよくスピードを出せて、道はきれいで、田んぼ・山・山間部の緑の風景もGoodで、ほどよいワインディングもあって、言うことなし。

今回のベストルートとさせて頂きました~。おすすめです。

いよいよ本日のツーリングの折り返しポイント「羽鳥湖」へ。

そこでも、快走&爽快ルートが待ってました。

続きはまた!

 

リターンライダー大型初心者・地図男(ちずお)、でした!

羽鳥湖周遊から始まる<後編>はこちら

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です