冬の伊豆一泊ツーリング【二日目②】マーガレットラインを走り、南伊豆から西伊豆へ

海に背を向け登っていくマーガレットラインを代表する風景を走るCBR650R

2019年12月末に走ってきた伊豆一泊ツーリングの二日目vol②です。

二日目①では今回のツーリングテーマの「海づくし」の通りのシーサイドホテル「伊豆今井浜東急ホテル」の素敵な朝から始まり、伊豆の名所「河津七滝ループ橋」を走り、爽快・砂浜シーサイドをCBR650Rと気持ちよく走ってきました〜。

南伊豆が伊豆ツーリングのハイライトと思ってましたが、人生初の西伊豆を走り、伊豆の懐の深さを体感することになります。。。

■伊豆一泊ツーリングの全道程はこちら。
【一日目①】関越~圏央道~西湘バイパス~アネスト岩田ターンパイク箱根~椿ライン~湯河原パークウェイ~
【一日目②】伊豆スカイライン
【一日目③】R135~伊豆今井浜東急ホテル宿泊
【二日目①】R414~R135~r16
【二日目②】マーガレットライン/R136~r410
【二日目③】西天城高原線/r411~西伊豆スカイライン~伊豆縦貫道~新東名~圏央道~関越

2019年・伊豆ツーリングMap(全道程)

以下はツーリング全道程で、主だった立ち寄り場所です。今回の【二日目②】はⒼを超えてR136を走り、Ⓗまでのツーリングです!

ⒶⒿ関越・所沢料金所
Ⓑ伊豆スカイライン・熱海峠料金所
Ⓒ城ケ崎海岸
Ⓓ東京電力・東伊豆風力発電所
Ⓔ伊豆今井浜東急ホテル(宿泊場所)
Ⓕ河津七滝ループ橋(少し先のUターン場所の旅の駅)
Ⓖ弓ヶ浜海水浴場
Ⓗ(仁科峠手前の)西天城高原パーキング
Ⓘだるま山レストハウス

 

人生初の西伊豆ツーリング突入

南伊豆の爽快ロードr16を走り、南伊豆の名所「石廊崎」エリアに来た時には、すでにお昼になっており、帰りを考えて石廊崎周遊を残念ながらスルー。。。r16からR136に入り北上していきます。

南伊豆までは首都圏屈指の観光エリアということで、華やかささ、賑やかしさがあったのですが、西伊豆に向かっていくと、建物がグッと減り、落ち着いた雰囲気に。

程よい規模のNippon的な漁港と美しい自然の中、走る気持ち良さは格別でした。

海沿いの高台を走るエリアと漁港沿いまで下がるエリアが連続し、これまた爽快〜。のんびりと走りたい気分になります。

伊豆の名物ロード「マーガレットライン」へ

海沿いの自然の中、緩やかなカーブとアップダウンが連続する南伊豆~西伊豆エリアの名物ロード「マーガレットライン」へ入っていきます。

ロードコンディションも良く、本当に走りやすい2車線でした。スポーツ系CBR650Rも喜ぶロードです(笑)。

南伊豆エリアの快走R136「マーガレットライン」へ

しばらく走るとこのマーガレットラインを代表する海に背を向け坂を登るエリアに来たところで、CBR650Rを停めパチリ。

海に背を向け登っていくマーガレットラインを代表する風景を走るCBR650R

道の向こうは海なんですが、曇っていてわかりづらいくて恐縮です。。。

坂を下って撮ってみた写真の海を強調すべく、最近のインスタ以上に加工してみましたが相変わらずわかりづらい。。。(苦笑)

海に背を向け登っていくマーガレットラインを代表する風景にて(写真加工編)

この気持ち良さを伝えたい~。ですが、あきらめます。ごめんなさい🙇

しばらく走って「展望広場」の看板を見つけ、これはよさげ?とCBRを停めます。

マーガレットラインのとある展望広場へ

駐車場の先には壮観な駿河湾の風景が広がっていました~😢

マーガレットラインの展望広場からの壮観な駿河湾風景とCBR650R

柵の手前まで行き撮った写真はこちら。

マーガレットラインの展望広場からの壮観な駿河湾風景

曇っているけどダイナミックな自然の空と海が。。。遠くの雲の切れ間からの太陽光のカーテンがこれまた見事です。。。😢

 

西伊豆のR136/海沿い・高台・絶景ロードへ~♫

しばらく走ると、確か雲見温泉を通り過ぎたあたりから、高台のロードになっていきます。

高台ロードになっていくR136

これがまた絶景~♫。バイクが停められるスペースを見つけパチリ。

西伊豆R136から牛着岩を眺めるwith CBR650R

Googlemapで見ると「牛着岩」という名がつけられている岩の景色が。プチ夫婦岩みたいです(笑)。

その先のうねうねと気持ちよいカーブの二車線ルートを登っていき、、、

気持ちよい緩やかなカーブが続く西伊豆R136

断崖沿いの絶景を眺めつつ、漁港エリアに下っていく。。。の連続。気持ち良すぎます~♫。

海沿い・断崖ルートを走る西伊豆R136

芸術のシーサイドロードが続く西伊豆・松崎町

松崎町の辺りでしょうか、海沿い・高台/断崖に幅広二車線が加わり、爽快度はさらにUP。

海沿い・断崖に幅広二車線が加わり爽快度UPしたR136 with CBR650R

更に登っていくと、うぉっ、と唸ってしまったsceneに遭遇します。

それがこちら。

西伊豆・芸術ロードに突入~with CBR650R

「海にもぐる」という題名の銅像が道路沿いに。。。

これまでの風景だけでも十分心に残るツーリングでしたが、更に色を添えてくれた松崎町の皆さん、感謝します!

この後にも様々な銅像が設置されており、また走りたくなるロードです~♫

あまりにも気持ちよく一気に走り抜けてしまったため、納めた写真はこちらのみ。。。🙇

Googleで「西伊豆 松崎町 銅像」で検索すると出てくる出てくる。そちらでお楽しみください🙇🙇

「西伊豆 松崎町 銅像」@Google

 

西伊豆のR136シーサイドラインを走り続けて疲れも溜まってきた中、落ち着いた雰囲気の中で美味しい海の幸にありつけたく、Googlemapで調べて見つけた一軒家のお食事処「心」でランチをとることに。

松崎町の和食処「心」さん

伊豆での食事はこれで最後、粋のいいお刺身の海鮮丼を選択、小奇麗な雰囲気の店内にて、美味しく頂きました。

松崎町・西伊豆のお食事処「心」さんの海鮮丼

西伊豆松崎町・お食事処「心」食べログHP

その先の海の岩場風景がきれいな堂ヶ島エリアを抜け、

海の岩場がきれいな堂ヶ島の海岸風景

今回の伊豆ツーリングの最後のハイライト西伊豆スカイラインを目指し、内陸に入っていきます。

様々な表情を見せてくれた伊豆のシーサイドラインR136、楽しかった~! ちょっと後ろ髪惹かれ状態、です。。。

伊豆のシーサイドラインから、内陸部の最後のハイライト「西伊豆スカイライン」の前哨戦ロードへ

西伊豆スカイラインの前の素敵な前哨戦ロードVol①「r410」

R136を宇久須南交差点を右折し、r410に入り内陸エリアに向かいます。(実際は宇久須南交差点を通り過ぎてすぐのガソリンスタンドで給油して戻って左折)

R136を右折、内陸へ向かう

西伊豆スカイラインの前哨戦vol1のr410が、これまでのシーサイドとうって変わり、山間部に入っていく雰囲気がとてもよく、この伊豆ならではの贅沢な風景のリレーです~♫

シーサイドから山間部へ入っていく西伊豆r410の風景①

宇久須川沿いの久々の雰囲気のある一車線になり~♪

シーサイドから山間部へ入っていく西伊豆r410の風景②

久々の山間部ワインディングになり~♪

シーサイドから山間部へ入っていく西伊豆r410の風景③

CBRの横は久々のワンアクセントの紅葉の景色~♫

山間部ワインディングr410沿いの一粒の紅葉とCBR650R

これまた久々のヘアピンカーブが続き~♪

ヘアピンが続くr410を登っていくCBR650R

ぐんぐん標高を上げていき~♪

ぐんぐん標高をあげてくr410を走るCBR650R

辿り着いた西天城高原パーキング。CBR650Rの陸側は秋のビーナスラインを彷彿させる薄茶の風景が広がっていました。

r410を登りきった所の西天城高原パーキングでの陸側の風景

そして、CBRの正面はじゃーん!眼下に広がる駿河湾~♫。wonderful~

眼下に広がる駿河湾を見下ろせる西天城高原パーキングwith CBR650R

晴れていたら滅茶苦茶気持ちよさそうです。曇りがちでも海が眺められるだけ良し。

そして西伊豆スカイラインの前哨戦Vol2、ほぼ同じ山の稜線ステータスのr411/西天城高原線に入っていきます。

いよいよ伊豆一泊ツーリングのフィナーレ、西伊豆スカイラインツーリング編へ続く。。。西伊豆スカイライン編

 

距離的にはロングツーリングではないものの、様々な景色でお腹いっぱいになりかけてます。。。(笑)

 

 

バイクツーリング is fun!

chizuo_riderでした。

西伊豆・マーガレットラインにて

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です