夏の信州・伊那谷ツーリング~南アルプスと中央アルプスを望む旅【前編】

南アルプスと緑の田んぼとCBR650R②

2020年8月1日、中央アルプスと南アルプスに挟まれた南信州・伊那谷ツーリングにCBR650Rと行ってきました。

昨年の11月初旬に訪れた北アルプス拝謁ツーリング以来、信州、いや日本三大連峰とも言える、もう二つの中央アルプス、南アルプスをたっぷり味わうツーリングです。

高速以外で走った距離は100キロ(南下50キロ、北上50キロ)ほどですが、その間、視界の開ける場所のほとんどで西は中央アルプス、東は南アルプスが拝めるという超~ぜいたくな旅程でした😄

それにしても、埼玉自宅から最も近い関越道・所沢ICから、今回の旅の最寄り中央道・伊那ICまで、240キロ!😅

一度の高速移動で最長距離、日帰りの走行距離では600キロと、二番目の距離となりました。

 

前日時点では関東の梅雨明けは微妙との天気予報、深夜は雨、早朝は微妙な曇り空という中、迷わず敢行。

行ってみたら、予想通り関東は梅雨明けでした🤗

晴れ空での中央アルプス、南アルプスを拝謁できて、気持ちよかった〜😄

帰りの高速で5分ほどの通り雨に遭いましたが、久々の夏空での暑いけど、気持ちはさいこー!のツーリングとなりました。

まいどのことですが、「マスク、うがい用小コップ、持ち運び用除菌スプレー」の3点セットをジャケットにしのばせての旅です。

南信州・伊那谷ツーリングMap

★関越道・所沢IC~中央道・伊那ICまでは入れず、高速以外のルートMapになります。

【前編】
(関越道・所沢IC〜中央道・伊那IC)
Ⓐ道の駅 大芝高原(中央道・伊那ICほど近く)
Ⓑパノラマロード

【後編】
Ⓒ青木が沢展望台(ハーモニックロード)
Ⓓ月夜平大橋展望台(ハーモニックロード)
Ⓔ名もなき橋(r18すぐ脇の天竜川にかかる橋)
Ⓕナイスロード
Ⓖ中央道・伊那IC
(〜関越道・所沢IC)

 

今回参考にした「モトツーリング2020年7月号」【信州アルプス展望旅】

埼玉・関越道所沢IC至近に在住ということで、中央道ツーリングは比較的少ない中、バイクメディアでは「信州さいこー!」のコンセプトが多く、CBR650R2年目の2020年度は信州を走破したいモードとなっていました。

さらにコロナ禍の最中の6月1日発売の「モトツーリング 2020年7月号」のタイトルは【信州 アルプス展望旅】。

梅雨明けの一発目にはまだ猛暑ではないだろう、ということで、信州の避暑の山間部ではなく、7月号の下記のページのルートを走ろうと決めてました。

モトツーリング2020年7月号

モトツーリング2020年7月号「信州絶景ロード」紹介ページ

このページにある4つのロードを走破してきました。

ちなみに今回のツーリングの前日に本屋に行ったら、発刊したばかりの「Bikejin9月号」のタイトルは【走ろうぜ!信州】😄

Bikejin9月号「走ろうぜ!信州」

これは混む前に信州に早めに行かなくては!と焦る気持ちになりました~😅

関越道・所沢ICから中央道・伊那IC240キロの旅

これまでの高速最長移動は関越道・所沢ICから小出ICの200キロ(2019年9月中旬)だったので、夏の240キロはどうなる?😅、という感じでしたが、梅雨明け早々でそれほど暑くなかったのと、途中小淵沢の爽やかな高原エリアを走る旅程というのもあり、爽快な旅でした😄

あくまで「気持ち」は爽快、but「体力」は疲労モード。。。😓

長距離移動のため、途中のSAの談合坂、双葉、諏訪湖のすべてに立ち寄ることに。

最初の談合坂SAではpic撮りはパスしましたが、駐輪場はほぼ満杯状況でした。

次の双葉SAでもほぼ同じ状況~🙂

中央・双葉SAにてwith CBR650R

中央・双葉SAにてwith CBR650R②

次の諏訪湖SAでは下りのSAの場所は高台にあるため、諏訪湖を展望~。なかなかこういうSAはないですよね。

諏訪湖を一望~、中央・双葉SAにて

朝顔付き・避暑用ポイントもあり、イイ感じ。

中央・双葉SAの避暑ポイント

諏訪湖SA以前に中央道を降りるライダーが多いと思うので、バイクは少なめになってました。

中央・双葉SAの駐輪場にてwith CBR650R

 

緑の木々にあふれた「道の駅 大芝高原」にて

240キロの高速移動のあと、伊那ICで高速を降り、ほど近い「道の駅 大芝高原」で一休み。

この道の駅はGooglemapでもわかるように緑いっぱい。

先ずは敷地内?緑エリアを貫くロードのpicです。

「道の駅 大芝高原」の緑あふれるロードにてwith CBR650R「道の駅 大芝高原」の緑あふれるロードにてwith CBR650R②

CBRの前方も後方も木だらけ~、このロードは南北を走ってます。

今度は東西を走る道の駅エリア内のロードにて。

綺麗な花々と緑の木々のコラボだけでも気持ちいいものですが、前方と後方の木々の間にわずかに見えるのは、南アルプスと中央アルプス~😊

「道の駅 大芝高原」の綺麗な花とCBR650R「道の駅 大芝高原」の綺麗な花とCBR650R②

なんと贅沢なsituation!

今回の伊那谷ツーリングは東西での「前方&後方」「左右」の風景はほぼ南アルプスと中央アルプスです。

道の駅の駐車場にCBRを停めて、一休み。建物などのpicはありませんが、小奇麗な建物で気持ちよかったです。

「道の駅 大芝高原」の看板

伊那「谷」にあるけど、「高原」な「道の駅 大芝高原」でした😄

中央アルプスの麓を走るロード①「伊那西部広域農道」

道の駅 大芝高原を出発、伊那谷の西、中央アルプス寄りの「伊那西部広域農道」を南下、早速、伊那谷の絶景を体感することになります。

走り始めてすぐに開けた場所(R361との交差点あたり)があり、農道の脇をうろうろしてみました。

先ずは南アルプス、ど~ん!😄

南アルプスと緑の草原の絶景with CBR650R

「南アルプス✖夏の青空✖緑の草原」とCBR650Rコラボです。

お次は中央アルプス、ど~ん!😆

中央アルプスとトウモロコシ畑with CBR650R

「中央アルプス✖夏の青空✖トウモロコシ畑」とCBR650Rのコラボです。

中央アルプス寄りのロード近くからなので、近く見えますね。

それにしても、中央アルプスもトウモロコシ畑も延々と続いてます😅

お次はより近いトウモロコシ畑とのショット。

伊那西部広域農道の脇のトウモロコシ畑にてwith CBR650R

ちなみに本日のpicはほぼどちらかのアルプスとのコラボがメインとなってます~😄

短いながら、絶景の「パノラマロード」

しばらく南下して、「北割」の交差点を右折、Googlemap上で「パノラマロード」と魅力的な名の付くロードを走ります。

ほんと短い距離ですが、絶景な2つのアルプスショットを撮りました~

「夏の青空✖南アルプス✖緑の田んぼ」& CBR650Rコラボですー😍

南アルプスと緑の田んぼとCBR650R

なんと夏らしい風景なのだろうか・・・

角度を少し変えると、南アルプスの絶景ぶりが増幅します。

南アルプスと緑の田んぼとCBR650R②

スケールが大きい南アルプスなだけに、遠目に見た方が絶景ぶりが増すような気がします。

そして、これぞ日本の原風景!

えっ、川がない?

南アルプスと田んぼの間に信州を代表する川の一つ、天竜川があるということで。。。😅

 

そして道の反対側にCBRを移動し、中央アルプスとのpic。

中央アルプスと緑の田んぼとCBR650R

中央アルプスの麓がすぐ目の前に迫るlocation🙄

夏の青空と緑の田んぼはおんなじですね。。。

パノラマロードの前面はこんな感じ。

パノラマロードから南アルプスを前方に望むwith CBR650R

まだ始まったばかりの2つのアルプス拝謁の旅に期待はふくらむばかりです。。。

「道の駅 花の里いいじま」にて

駒ヶ根市エリアでは市街地となり、やや渋滞でしたが、飯島町に入ると、田園風景が広がるロードに戻ります。

「道の駅 花の里いいじま」にて休憩。

「道の駅 花の里いいじま」にて

信州エリアの名物「五平餅」を楽しみました~。

「道の駅 花の里いいじま」にて五平餅を味わう

 

このあと伊那西部広域農道を南下、更なる南アルプス絶景との出会い、天竜川を渡り、伊那谷の東に構える南アルプス寄りを北上する【後編】に続きます。

 

 

バイクツーリング is fun!

梅雨が明けて、夏の青空の下、念願の信州伊那谷ツーリングを走り、スケールの大きい空と山を満喫中のchizuo_riderでした〜

★パノラマロードにてCBR越しに南アルプスを望む

パノラマロードにて南アルプスを望むwith CBR650R

 

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です