埼玉・お花見ツーリング2022年春/北浅羽桜堤公園、城ヶ谷堤、伊佐沼、川越小江戸

2022/3/27(日)、埼玉ご近所のお花見ツーリングに CBR650Rと出かけてきました。

ご近所でも桜の開花情報が聞き漏れてきた今日この頃。

2月の河津桜の時期を逃した自分としてはこれは出かけねば!ということで、年に一回の貴重な時期に「桜ハンター」となるべく🌸😤、桜とのコラボを目指して、ご近所の坂戸〜川越エリアの桜スポットをお散歩してきました。

満開は少なかったですけど、それなりに桜の花は開花しており、年に一回の行事としてはなんとか成立したかなと。

それてば早速綴っていきますね😊

埼玉・桜ハンターツーリング2022年春Map

(関越道・所沢IC~東松山IC)

Ⓐ都幾川桜堤
Ⓑ北浅羽桜堤公園
Ⓒ城ヶ谷堤(桜土手)
Ⓓ伊佐沼の桜並木
Ⓔ川越小江戸エリア
~川越城跡
~川越 新河岸の桜
~蓮馨寺

(富士見川越バイパス)

都幾川桜堤

今日は昨日の雨から回復した日曜、混雑する前に出かけようということで、朝6時に出発。

いつものお出かけ前の埼玉自宅近くの朝空です。天気は大丈夫そう。

ツーリング前の埼玉自宅近くの朝空

まず向かったのは、都幾川桜堤。

菜の花と桜に出会えるかなぁ、と期待に胸を膨らませながら向かいます。

関越道・所沢ICから東松山ICへ一気に走り、R254を抜け到着。

果たして。。。

開花前の都幾川桜堤にてwith CBR650R

思いっきり開花前〜😅

本来はこの延々と続く桜並木がピンクに染まる風景が拝めるのですが。。。残念。

でも菜の花だけは綺麗だったので、コラボしときました。

開花前の都幾川桜堤の菜々花畑にてwith CBR650R

桜が満開前だったので、タイトルには入れておりませぬ🙇‍♂️

北浅羽桜堤公園

都幾川桜堤からほど近いこの桜堤はインスタのフォロワーさんのpostで知りました。

満開の都幾川桜堤と同じくらいの綺麗な風景のpostを先週見かけたので、ここは大丈夫かな?と思いつつ、到着してみると。。。

北浅羽桜堤公園の桜にてwith CBR650R

ほぼ満開~!🤗

すぐ近くまでは立ち入り禁止でしたが、長く続く桜並木はいろいろ楽しめそう~、ということでCBRで散策開始。

桜並木から少し離れた田んぼの中の道をゆったり流していきます。

北浅羽桜堤公園の桜にてwith CBR650R②

北浅羽桜堤公園の桜にてwith CBR650R③

この距離からでも見事な桜並木です。

途中、桜のすぐ近くまで行ける道があり、スル~っと入り、パチリ。

北浅羽桜堤公園の桜にてwith CBR650R④

砂利道をUターンして、反対側を撮ってみました。

北浅羽桜堤公園の桜にてwith CBR650R⑤

日曜と言えど、朝7時台ということもあり、人はまばら。

初めて訪れてみましたが、埼玉でこんな素敵な桜堤があるなんて~😊

この時間に訪れてよかった。これから混むんだろうな・・・、と思いつつ出発。

それにしても都幾川桜堤とはそれほど遠くない距離で、ここまで違うとは。。。

あらためて桜って、センシティブだなぁ・・・😓

城ヶ谷堤(桜土手)

次に向かったのは、北本市にある「城ヶ谷堤」。

今回は道程を楽しむコンセプトではないので、坂戸西スマートICから関越道~圏央道・桶川北本ICまで高速で一気にパス、ほどなく、堤に到着。

こちらはバイクで走れる落ち着いた通り沿いに桜並木が続く、貴重な場所です。

城ヶ谷堤(桜土手)にてwith CBR650R

CBRの横の土手には菜の花が薄く咲いていました。

土手の下にはいくつかの出店が準備をしており、この後の時間帯で花見で盛り上がるんでしょうね。

まだ道は空いていたので、久々のセンタリングショット~♪

城ヶ谷堤(桜土手)にてwith CBR650R②

失礼しました🙇😅

伊佐沼の桜並木

城ヶ谷堤から南に向かい、川越市の伊佐沼へ。

途中、荒川の土手で菜の花を見かけてパチリ。

荒川の土手の菜の花にてwith CBR650R

この時期、ピンクか黄色の風景に出会うと心が弾みます😊

伊佐沼に到着、ぐるっと一周してみます。

先ずはGoogleMap上での「伊佐沼の桜並木」とプロットされている辺りにて。

伊佐沼の桜並木にてwith CBR650R

満開まではもう少しかかりそうです。

対岸を走っていて出会った桜たちはこじんまりで間隔は空いていながらも、風情を感じます~😊

伊佐沼の桜並木にてwith CBR650R②

先ほどの桜並木近くの伊佐沼公園に隣接する橋からもいい感じの桜並木を眺めることが出来ました。

伊佐沼の桜並木にてwith CBR650R③

満開であれば見事な風景が広がっていそうです。

その先でツイン桜とコラボしてみました。

伊佐沼の桜並木にてwith CBR650R④

この後、CBRを停めて、公園内の高台のベンチで缶コーヒーを飲みながら一休み。

暖かくなった気温が心地よく、いい気分で伊佐沼を眺めてました。

伊佐沼公園から伊佐沼を望む

川越小江戸エリアの桜を楽しむ

伊佐沼の後は特に決めてなかったので、休みながらGoogleMapを眺めていたら、すぐ近くの川越小江戸に桜の名の付く場所が!

久しぶりの川越小江戸散策を兼ねて向かうことにしました。

川越城址

伊佐沼通りでR254/川越街道を渡り、小江戸エリアに入って、程なく左折、川越城址へ。

久々の川越城本丸御殿まで来ると、なんと御殿の前に桜が咲いているではありませんか!

これは絵になる〜、ということでパチリ。

川越城本丸御殿の桜にてwith CBR650R

お城など昔ながらの建物が残る場所には桜あり、をあらためて認識。

CBRを少し移動させて、桜越しに本丸御殿を眺めてみました。

川越城本丸御殿の桜にてwith CBR650R②

風情を感じる風景なり〜😊

川越 新河岸側の桜

次に向かったのは「川越 新河岸川の桜」とGoogleMapにプロットされている場所。

新河岸川は川越氷川神社の北側に隣接して流れており、以前の記憶だと、確かに並木はあったな〜とうろ覚え。

到着してみると、、、

川越 新河岸川の桜にてwith CBR650R

見事な桜並木〜!🌸🌸🌸

満開一歩前というところでしょうか。

人手も多くなっていたものの、公道沿いなので、周辺を CBRで散策してみることにしました。

新河岸川に架かる氷川橋にて。

川越 新河岸川に架かる氷川橋にてwith CBR650R

この氷川橋に1番近い桜の木が満開だっただけに人だかりが出来てましたが、その後ろからパチリ😅

すぐUターンして反対側は空き空き。

川越 新河岸川に架かる氷川橋にてwith CBR650R②

風景はこっちの方が風情を感じますけどね。

新河岸川沿いの桜並木を楽しみながら、のんびり走っていきます。

川越 新河岸川に架かる氷川橋にてwith CBR650R③

先程とほぼ同じ構図ですが、違う場所です😄

それにしてもいつもは素通りするフツーの並木道がこの時期だけは立ち止まってしばし眺めてしまう桜の風景は本当にいいものです。

バイクに乗り始めてから痛感しました。

蓮馨寺にて

久々に川越小江戸エリアをCBRでぐるっと回ってみることに。

まん延防止が解除されたということもあり、大勢の人で賑わっていました。

CBRをどこかに停めて、小江戸をお散歩してみようかなと停めるところを探しますが、なかなか二輪を停める場所がなく・・・

小江戸ど真ん中を走るr39を渋滞気味の中、走っていると、ふとお寺の入口を見つけ、参拝者用の駐車場があるようなので、入っていきます。

GoogleMapで見ると、「蓮馨寺」というお寺です。

あまりにど真ん中にあるため、結構穴場かもしれません。

車もほぼ停まっておらず、誘導のおじさんの言う通り、端に停めさせてもらいました。

川越小江戸・蓮馨寺にてwith CBR650R

境内には本日のコンセプト「桜ハンター」にちょうどいい桜たちがほぼ満開状態~🌸🤗

ちょうど和服姿の女性も枠に入ってきてラッキー!😅

参拝開始です。

お寺入口まで戻りパチリ。

桜満開の川越小江戸・蓮馨寺にてwith CBR650R

いやぁ、日本らしいいい風景だなぁ。

川越の真ん中立地ということもあり、後方にはマンションも写ってますが・・・😓

お堂に進み参拝。

川越小江戸・蓮馨寺にて参拝

川越小江戸・蓮馨寺にて参拝②

駐車場端にお団子屋さんがあり、焼き団子を買ってお堂近くのベンチに座りながら、一休み。

川越小江戸・蓮馨寺にて参拝③

こじんまりながらも雰囲気の良いお寺です。

せっかくなので出発前に満開の桜たちとコラボさせてもらいました。

お寺と言えば鐘、ですね。

桜満開の川越小江戸・蓮馨寺にてwith CBR650R

そして先ほどのお堂と桜とCBR~🌸

桜満開の川越小江戸・蓮馨寺にてwith CBR650R②

川越小江戸・蓮馨寺の情報はこちらにて → 蓮馨寺HP

これで今回の埼玉地元・桜ハンターもといお花見ツーリングはおしまいです。

昨年のこの時期は秩父エリアまでお花見してきましたが、今回はもっと近場の場所。

※昨年のブログはこちら → 秩父周辺・お花見ツーリング2021~三分咲きから満開までの気まぐれな桜たち

近場でも桜は身近に点在していることをあらためて知りました。

日本に桜があってよかった~、とつくづく思います。

バイクツーリング is fun!

このブログを書いているのは4月2日(土)、明日の日曜ももう一回桜ハンターしてこようかなと企んでいるchizuo_riderでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です