春の三浦半島・公園散策&シーサイドツーリング【後編】城ヶ島〜長井海の手公園

長井海の手公園の菜の花畑と観覧車風景with CBR650R

2020年3月7日、春の三浦半島シーサイドラインを走り、4つの公園散策ツーリングにCBR650Rと走ってきました!

【前編】の2つの公園では

三笠公園 →  開園時間の事前確認を怠り入れず😓

観音崎公園 →  雨のため観音崎灯台散策をあきらめ😢

という結果。。。

それでも2つ公園をつなぐ「よこすか海岸通り」は爽快!、観音崎公園散策をあきらめた後の久里浜海岸、三浦海岸のシーサイドラインも気持ちいいツーリングでした。

【前編】の最後では雨もあがり、これからの【後編】は気分上昇モード😙

晴れとまではいきませんでしたが、曇り空でも三浦半島を代表する公園の景勝を眺め、心に残るツーリングとなりました〜😊

三浦半島ツーリングMAP

※【後編】は城ヶ島公園手前から。城ヶ島公園~長井海の手公園の公園散策ツーリングがメインです

Ⓐ首都高高島平IC
Ⓑ三笠公園
Ⓒ観音崎公園
Ⓓ城ヶ島公園
Ⓔ城ヶ島灯台手前付近
Ⓕ三崎漁港付近
Ⓖ長井海の手公園/ソレイユの丘
Ⓗ首都高高島平IC

爽快!城ヶ島散策へ

観音崎公園散策を雨であきらめ、久里浜海岸~三浦海岸を走った頃は雨はようやくあがり、この後もY!雨雲レーダーによると天気は持ちこたえそうです。

気分も上昇モードのなか、r215を走って城ヶ島に向かいます。手前のキャベツ畑にて。

三浦半島城ヶ島公園手前のキャベツ畑にてwith CBR650R

城ヶ島東エリア「城ヶ島公園/安房埼灯台」散策レポート~

城ヶ島大橋を超えて、ぐるっとまわり、城ヶ島公園に近い第一駐車場にCBRを停めます。

きれいに手入れされた松に囲まれ、いい雰囲気です。

城ヶ島公園第一駐車場にてwith CBR650R

ちなみに城ヶ島には公共駐車場が6つあるのですが、どこかを使うと一回支払うだけで、全て1日フリーパスで使えます。

バイクは1日100円!お得に周遊ができます。

CBR前方には地元三浦市ナンバーのスクーターが。地元にも愛されているエリアなんですね。

城ヶ島公園第一駐車場にて地元スクーターと共に CBR650R

早速、城ヶ島公園に入っていきます。(入園は無料〜)

城ヶ島公園入口にて

Googlemap上では緑色に表示されており、どんな緑で満たされているか楽しみです🙂

入口の先の剪定された松林を抜け、芝生エリアへ。海への視界も開けており、開放感たっぷり~😀

城ヶ島公園芝生エリア

城ヶ島公園芝生エリア②

目指すは城ヶ島公園東端の安房埼灯台。

新緑の季節に来たら、気持ちイイ風景が広がっているイメージを彷彿させる小道を通り、

城ヶ島公園の小道を歩く

第一展望台にて眺望を眺めてみました。

方向別に並べます。おそらく東西南北だと思います。北・東・南・西の順番にて。

城ヶ島公園第一展望台【北】城ヶ島公園第一展望台【東】城ヶ島公園第一展望台【南】城ヶ島公園第一展望台【西】

晴れていたらいろいろな風景が鮮明に見れたのに~😢。。。でもこの解放感で満足です!

そのまま東へ歩いていくと、安房埼灯台が見えてきました。

城ヶ島公園安房埼灯台へ向かう小道にて

灯台のふもとにて。

城ヶ島公園・新安房埼灯台にて

ここで違和感に気が付きます。

あれ?東端じゃなかったけ?Googleで調べると、安房埼灯台は2つあるようで、この島の内にある灯台は2020年から運用を始めたホヤホヤ。大根をモチーフにしたとのこと。

更に東へ。岩場の手前の高台で海を眺め、

城ヶ島公園・旧安房埼灯台を目指し東へ

岩場に降りていくための階段を下り、(江の島を思い出し、ちょっと躊躇するものの前進。。。)

城ヶ島公園・旧安房埼灯台を目指し東へ②

岩場に到達。。。旧・安房埼灯台が見えてきました。

城ヶ島公園・旧安房埼灯台を目指し東へ③

そしてついに到着~😊

城ヶ島公園・旧安房埼灯台に到着

工事中?のため、灯台に特有のちょっとノスタルジックな雰囲気が半減。。。でもこのローケーションは抜群です!🤗

岩場の端からの眺めは海の色・匂い・音などのリアリティが体感できて、気持ちイイもんです〜。

城ヶ島公園・旧安房埼灯台の麓からの海の眺め

城ヶ島公園・旧安房埼灯台の麓からの海の眺め②

新・安房埼灯台を眺めてみます。

旧安房埼灯台から新安房埼灯台を眺めてみる

新・安房埼灯台からここまでは20分ほどでしょうか。東端に到達した達成感があります~。

しばらくほっこりした後、出発。階段を登り、来た道とは違うルートで戻ります。

それにしても島全体がきれいに手入れされており、好感が持てます。

城ヶ島公園のきれいに手入れされた園内風景

城ヶ島公園のきれいに手入れされた園内風景②

城ヶ島公園のきれいに手入れされた園内風景③

駐輪場に戻り、最後に城ヶ島公園入口にてCBRとの記念picです。爽快な環境、風景をありがとうございました!🙇‍♂️

城ヶ島公園入口にてwith CBR650R

城ヶ島西エリア「城ヶ島灯台」へ

城ヶ島公園を出発、西エリアに向かいます。北側の漁港で釣りを楽しむ人たちとのpicです。

城ヶ島北側の漁港にてwith CBR650R

「磯料理 魚のかねあ」さん

そろそろお腹が減ってきました。西エリアには磯料理屋さんが多数あり、このエリアで海鮮丼の美味しそうなお店をGooglemapで検索、3.9でまずまずの「磯料理 かねあ」さんに決めました。

城ヶ島西端にある城ヶ島京急ホテルに向かう細い道の高台、西エリアの目的地「城ヶ島灯台」の階段入口の横にあり、場所的にも好都合。

細い道に入る手前左側に小さなスペースがあり、そこでバイクを停めました。先に1台ほど先客あり。

城ヶ島西エリアのスペースにてwith CBR650R

写真の建物の間の細い道を入っていきます。

城ヶ島京急ホテルへ向かう小道にて

その先の赤暖簾のかねあさんに到着。

城ヶ島西エリアの「磯料理かねあ」さん

シラスとマグロのミックス丼(正式名称は忘れました。。。)を注文します。

城ヶ島「磯料理かねあ」のシラス&マグロ付け丼

コロナ感染防止のための消毒液も置いてあり、うがいと手洗い、消毒液の後に頂きます。

ちなみにシラスは生ではなく釜揚げで、あと一週後であれば生シラスを頂けたそうです。残念😢。でも美味しく頂きました~。

 

「かねあ」さんを出発、その横の階段を登り、城ヶ島灯台に向かいます。

階段を登ると天気の良くなった空に向けて立つ銅像を発見。

城ヶ島公園・城ヶ島灯台手前の銅像

近くで見上げて見ると年季・風格を感じる「海への祈り」という銅像でした。

城ヶ島公園・城ヶ島灯台手前の銅像②

安房埼灯台もそうでしたが、灯台の手前には気分を盛り上げてくれるコンテンツがあり、旅を楽しませてくれます~😄

銅像の先のデッキを渡り、灯台へ。

城ヶ島灯台を向かうデッキにて

灯台の麓に到着。先ほどの銅像と同様に灯台も風格があります。

風格のある白亜の城ヶ島灯台にて

ここで灯台はなぜ白いのだろう?という疑問が湧き、Googleで調べたら、緑や岩の風景に溶け込まないようにするためだそうです。なるほど。

高台にある灯台からは相模湾の気持ちいい風景が広がっていました。

城ヶ島灯台からの相模湾風景

城ヶ島灯台からの相模湾風景②

城ヶ島には「馬の背洞門」など散策スポットが点在しており、1日かけて楽しめる場所ですが、今回のツーリングでは東と西の灯台と風景を楽しんで城ヶ島を後にしました。

城ヶ島「三崎漁港」にて

次なるは城ヶ島のすぐ先の三崎漁港です。ここでもCBR650Rとのpicをたくさん収めました〜

先ずは三崎漁港から城ヶ島大橋とCBRの記念pic。あらためて規模の大きさを感じます。

三崎漁港から城ヶ島大橋を望むwith CBR650R

ここでも海沿いを走っていくと、赤い鳥居を発見、2枚目のpicです。

三崎漁港の花暮竜宮様の鳥居にてwith CBR650R

Googlemapで調べると「花暮竜宮様」という名前でした。海の安全や豊魚の祈願でしょうかね。

CBRのバックには道の駅ならぬ「みうら・みさき海の駅 うらりマルシェ」が見えます。

三崎漁港の花暮竜宮様の鳥居にてwith CBR650R②

その海の駅にてCBRとの記念pic PART3です。

海の駅 うらりマルシェにてwith CBR650R

こういう旅の人たちを楽しませる仕掛け、ありがたいですね。

さらにその先に中型のフェリーが停泊しており、そこでも記念pic。

三崎漁港のフェリーとの記念pic with CBR650R

漁港の風景、楽しませてもらいました~😊

穏やかな風景が広がる「長井海の手公園ソレイユの丘」

西海岸線からR134を北上、最後の目的地で三浦半島4つ目の公園、「長井海の手公園ソレイユの丘」へ。

ここは高速に乗る前の休憩ポイントとして考えていた場所でしたが、穏やかな風景が広がり、寄ってよかった~と思える公園でした。

入口に入って二輪料金を払い(400円/日)、駐車場に入っていくと、早速いい風景に出会います。

春の訪れを告げる菜の花畑とその奥に観覧車というメルヘンな風景~😌

三浦半島・長井海の手公園の菜の花畑にてwith CBR650R

周辺には住宅も点在しており、普段の風景に観覧車がある環境って、なんか平和で素敵ですよね。

駐輪場でCBRを停め、公園内に入っていきます。先ほどのpicを別の角度から。

三浦半島・長井海の手公園の菜の花畑にてwith CBR650R②

園内はファミリー、カップルで結構賑わっていました。コロナの影響で一斉休校している反動でしょうか。。。

菜の花畑をメインにするとなんか幸せなpicに~☺️

三浦半島・長井海の手公園の菜の花畑にて

入口方面を振り返るとメイン通りにもきれいに植えられたflowerたちが並んでいます。

三浦半島・長井海の手公園内のメイン通りにて

メイン通りを進んでいくとちょうど公園中央の辺りにこちらもきれいに手入れされた円形の花壇が。

三浦半島・長井海の手公園内の中央の花壇にて

ここまでメルヘンが続くと、なんかほっこりな気分になってきます☺️

先ほどの観覧車の足元に来ました。その向こうには海も見えます。

三浦半島・長井海の手公園内の観覧車にて三浦半島・長井海の手公園内の観覧車にて海を望む

手前に菜の花畑、海をバックにする観覧車。なんて平和でメルヘンで穏やかな風景なんだ~😊

ブログTOPのコピーにも書いていますが、バイクツーリングの良さは非日常感を味わうことと思っています。

自然に触れるだけが非日常ではなく、こんな風景も普段ビジネスしていると非日常になりますよね。

観覧車の麓のベンチで一人コーヒーを飲んでいると、ふと気が付いたことがあります。

それはオジサン一人で佇んでいるのはおそらく僕だけ。。。😓

息子が小さいころを思い出しながら、懐かしい思いがこみ上げて、ちょっとしんみり🥺

こんな時間も非日常、です。

観覧車の足元を離れる前に、曇り空からちょっとだけ日が差すsceneを眺めることができました。

さて、行くとしますか。

三浦半島・長井海の手公園内の観覧車の頭上の空からの陽光を眺める

最後に公園の入口前のsymbol flowerを収めて、公園を後にしました。

三浦半島・長井海の手公園内のsymbol flowerにて

 

三浦半島・公園散策&シーサイドツーリングを終えて

長井海の手公園を出発、ほど近い衣笠ICより、来た高速ルートを戻り、帰宅。

14時に衣笠ICに入ったので、首都高含めて一度も渋滞はなく、爽快な高速ツーリングでした。

渋滞さえなければ都内の高速道路の風景も格別です。

 

三浦半島シーサイドツーリングを終えて、関東3半島のシーサイドをほぼ走破しました。

いやぁ、冬のシーサイド、気持ちよかったです。

食べ物は美味しいし、空気は澄んで景色はきれいだし、空いているし、ちょっと寒いけど最近のwinter jacketで寒さシャットアウトできて快適だし。。。

どこかで3半島冬ツーリングの総括しますね(余裕があれば。。。)

 

この冬のツーリングはシーサイドメインでしたが、三浦半島は独自のコンテンツが楽しいseaside parkが充実しており、ブログ前半の三笠公園、観音崎公園は冒頭で書いた通りでしたが、後半の城ヶ島公園、長井海の手公園では穏やかな風景に触れられて、ほっこりできたツーリングとなりました~☺️

各公園をあらためて簡単に説明すると、城ヶ島の白亜の灯台と自然の風景、長井海の手公園のメルヘン風景😌

そして、前編で入園できなかった旧戦艦が停泊する三笠公園、海沿いに散策路が整備された観音崎公園。。。多分楽しいはず😅、今度行ってみます。

コンテンツ充実のseaside parkとparkをつなぐseaside line。三浦半島ツーリング、楽しかったです!

 

バイクツーリング is fun!

Seaside line & Park touring is fun!

seaside だけでなく、seaside parkも楽しいとPark-touring をカテゴリーに加えたchizuo_riderでした。

城ヶ島公園・安房埼灯台を眺める

長井海の手公園・観覧車を眺める

 

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です