冬の南房総・シーサイドツーリング♪【後編】萬徳寺~安房神社~野島埼灯台

2020年12月27日(日)、年内最後のツーリングに、「冬の海方面×縁起のいい場所」のコンセプトで南房総シーサイドラインエリアの<灯台&パワースポット>巡りにCBR650Rと走ってきた後編です。

今回はシーサイドから少し内側に入ったパワースポット巡りから始めますね。

穴場のお寺あり、シーサイド・ライダー飯、房総半島最南端・灯台スポットなど、2020年最後の心に残るツーリングとなりました~。

 

このツーリング以降、初乗りできていない中、緊急事態宣言発出・・・😢

悲しいですが、バイカーの春を迎えるために、何とか乗り越えていかなくては!

南房総・灯台&パワースポットツーリングMap

【前編】
(高島平IC~海ほたるPA~)
Ⓐ館山道・富浦IC ~館山・鏡ヶ浦通り
Ⓑ洲埼灯台 ~房総フラワーライン

【後編】
Ⓒ洲宮神社
Ⓓ常楽山・萬徳寺
Ⓔ安房神社
Ⓕ相浜漁港相浜亭
Ⓖ野島埼灯台
Ⓗ千倉港指向灯
Ⓘ館山道・富浦IC
(~高島平IC)

 

館山のパワースポット巡りへ

前編の房総フラワーライン/r257から相浜交差点を左折、シーサイドを少し離れR410を北上、館山市の内側に点在するパワースポットを目指します。

白亜の鳥居が眩しい「洲宮神社」

先ず向かったのは今回のツーリングで一番内側の「洲宮神社」。

入口が狭く、一旦は通り過ぎてしまい、Uターンして鳥居前に入っていきます。

白亜の鳥居が眩しい洲宮神社にてwith CBR650R

敷地はそれほど広くないのですが、ご覧の通り白亜の鳥居が眩しい~

赤のCBRと相性もばっちりです😊

鳥居の横の駐車場入口にはパイロンが置かれ、入れなかったこともありますが、こちらも僭越ながら鳥居とのコラボの後、手前でお祈りして出発。。。🙇

ユニークなお釈迦様とのご対面「常楽山・萬徳寺」

R410を海側に少し戻って、お次は「常楽山・萬徳寺」。

前編の洲崎神社、手前の洲宮神社とツーリングスケジュールとはいえ、鳥居前参拝という失礼なお参りをしたため😅、ここはじっくり参拝します。

このお寺、R410沿いに入口があるのですが、普通の砂利の駐車場でわかりにくく、その駐車場脇のこの小さい入口が目印。

常楽山・萬徳寺の小さい入口

小道の坂を道なりに登っていきます。

常楽山・萬徳寺に向かう坂

途中、一瞬だけ海が見えるポイントが。

常楽山・萬徳寺に向かう坂から海の風景にて

さらに登っていくとお寺入口らしき横に小さい小屋があり、その中にお坊さんらしき人が座っていました。ちょうど顔が隠れる窓となっており、ちょっとミステリアス。。。

入場料500円を払ってさらに進んでいくと、そのお釈迦様はいました。

常楽山・萬徳寺のお釈迦様とご対面~

寝てるお釈迦様〜🤗

それにしても、お釈迦様なのか、大仏様なのか、わかりにくい。。。😅

この風景の手前に女性の僧侶?巫女?がいらっしゃって、お線香を5本頂き、お釈迦様の手前にお線香をお供えし、焼香してとのこと。

お釈迦様の台座は3週すると最上段に行けるようになっており、ゆっくりまわっていきます。そのダイジェスト~。

常楽山・萬徳寺のお釈迦様①

常楽山・萬徳寺のお釈迦様②常楽山・萬徳寺のお釈迦様③

常楽山・萬徳寺のお釈迦様④

3週分を端折りましたが、3週目のお釈迦様の足裏で両手で三角形をつくりその中心に額をあてて祈願するとのこと。

こんな参拝初めて。。。😆

本殿などもなく、世界最大級の横になっているお釈迦様がいきなり現れて、3週まわって祈願。。。

なんか不思議なシーンでした。

そんなに距離の無い坂を登って、この非日常のシーンを体験できる常楽山・萬徳寺、おすすめします!

千葉県最古の由緒ある「安房国一之宮 安房神社」

最後のパワースポットは創始2670年前!の由緒ある安房神社。

生命力が盛んになる神社とのこと😤

R410をさらに戻り、萬徳寺から10分ほどの距離にあります。

一之鳥居の手前にてパチリ。

安房国一之宮 安房神社 一之鳥居with CBR650R

こちらも爽やかな白亜の鳥居なんですが、逆光のためちょっとわかりづらいですね。。。

その奥に続く参道もいい雰囲気です。春は見事な桜並木だそうです。

安房国一之宮 安房神社 一之鳥居から続く参道

じゃりじゃりしながら歩き、二之鳥居へ。

安房国一之宮 安房神社 二之鳥居にて

二之鳥居も見事な白亜~

安房国一之宮 安房神社 二之鳥居にて②

白亜の一之鳥居から桜並木の参道を歩き、白亜の二之鳥居へ。なんて素敵な参拝フローなんだろう。。。😄

二之鳥居の奥の上の宮に到着。

安房国一之宮 安房神社 上の宮で参拝

厳か×清楚がコラボしてる雰囲気~😊

いつもの家族の健康と最近お決まりのコロナ終息を祈願します🙏

・・・心落ち着く時間を過ごせた気がします。

最後は二之鳥居から一之鳥居の眺め。。。冬の青空が気持ちイイ~😄

安房国一之宮 安房神社 二之鳥居から一之鳥居の眺め

絶品!海の幸、「相浜漁協 相浜亭」さん

そろそろお昼時になり、お腹が減ってきました。

最近、僕はツーリング事前にルーティングは決めますが、ランチは決めないことにしており、Googlemapで海鮮丼と検索すると、この先の相浜漁港近くに「相浜漁協 相浜亭」さん(GoogleMapでは4.0ポイント)を発見。

漁協直営、というのが気に入りました。

相浜漁港すぐ近くにあり、お店目の前の漁港際にCBRを停めます。

館山市・相浜漁港with CBR650R

相浜亭さんの外観はいかにもローカルな雰囲気。

館山市・相浜漁港 相浜亭さんの外観

お店に入ると元気のいいおばちゃんに席に通され、海エリアということで迷わず海鮮丼を注文。席が近くの人たちも海鮮丼が多い模様。

一度は注文を通したものの、すぐおばちゃんが出てきて、「お兄ちゃん、あじの漬け丼が最後一食なので、こっちにしときな」とのこと。(お兄ちゃん、という呼び方に違和感。。。おばちゃんからしたら兄ちゃんなんですかね😅)

「海鮮丼よりおすすめですか?」と聞いたら「もちろん!だからすすめてるよ」。。。

そこまで言われたら、「じゃあお願いします」。

しばらくして出てきたのがこちら。

館山市・相浜漁港 相浜亭さんの「あじの漬け丼」

あじのぷりぷり具合、伝わりますかね?

漬けの味も美味し!荒汁もしかり。

海鮮丼と比べたら、あじ一種類と言うこと以外にはこちらにしてよかった~、との感想です。

ちなみにアルコール消毒液は置いてありましたが、アクリル板などはなく、コロナ対策は万全、と言う感じではありませんでした。

漁協直営の粋なお店にはそこまで求められないのかもしれませんね😅

ただ、お店は混雑しながらも、席の対面と隣は空けてくれました。

お味は絶品!ということで良しとしましょう~😊

爽快シーサイドライン、R410を走る

相浜亭さんを出発したあとは房総半島最南端エリアのシーサイドラインR410を走っていきます。

海際を走るエリアも多く、爽快なライン。

爽快なシーサイドラインR410

カーブの先が海、と言うシチュエーションがさいこーですね🤗

海沿いの風を受けながら、しばらく気持ちよく走り、白浜の海沿いのパーキングに入っていきます。

房総半島・白浜のR410沿いのパーキングwith CBR650R

あれっ?どこかで見たような。。。1年前もここでトロピカル気分になったことを思い出しました~😊

房総半島最南端「野島埼灯台」にて

本日の最後の目的地、「野島埼灯台」へ。

午後の時間帯ではツーリング出発時の寒さからすると、少し汗ばむくらいの気候になってます。

バイカー達で賑わう野島埼灯台前の公園沿いにCBRを停めて散策開始~

野島埼灯台前の公園沿いにCBR650Rを停める

グロい物体展示中〜「厳島神社」

先ずは灯台の手前にある厳島神社に寄ります。石段を登っていくと、

房総半島最南端・野島埼灯台手前の厳島神社にて

こじんまりながら、いい雰囲気の境内に到着。

房総半島最南端・野島埼灯台手前の厳島神社にて②

本殿に進んでいくと、右手に現れたのは。。。

房総半島最南端・野島埼灯台手前の厳島神社にてグロテスクな物体発見

ちょっとグロい物体発見・・・😅

ググってみると、子宝の祠とのこと。なるほど。。。

その先の年季の入った本殿にて参拝した後、野島埼灯台に向かいます。

房総半島最南端・野島埼灯台手前の厳島神社・本殿にて

 

午後の日差しが眩しい「野島埼灯台」散策編

早速、午後の日差しをバックにする野島埼灯台とご対面~

房総半島最南端にて午後の日差しを浴びる野島埼灯台とご対面

前回のブログで洲崎灯台を訪れたときも書きましたが、陸の海際にある灯台のロケーションは本当に気持ちいいものですよね😊

この野島埼灯台は半島から更に突き出している野島崎の突端にあるのでなおさら。その雰囲気をお伝えするために何枚か続けますね。

房総半島最南端、午後の日差しを浴びる野島埼灯台にて房総半島最南端、午後の日差しを浴びる野島埼灯台にて②房総半島最南端、午後の日差しを浴びる野島埼灯台にて③

冬の蒼空、静かな碧い海、気温はポカポカ。。。☺️

この公園にはアートなモニュメントもあり、気分アゲアゲ~🤗

房総半島最南端、午後の日差しを浴びる野島埼灯台にて④

さらに突端を目指し、散策継続。

突端の海が見えてきました~

房総半島最南端、野島埼灯台の先の海にて

灯台をバックに房総半島・最南端モニュメント発見。

房総半島・野島崎にてモニュメントを眺める

さらに房総半島の最南端の丘の上登ってみると。。。

朝日と夕陽が見えるんですね〜。さぞかし綺麗なんだろうと。。。

房総半島・最南端の朝日と夕陽が見える場所にきました~

このpicのすぐ右手にはベンチがあります。

恋人同士で夕陽を見ながら、このベンチに座ったらヤバいかも😄

なぜこのベンチを撮れなかったかと言うと、あるカップルに独占されていたからです。。。😅

房総半島・最南端の朝日と夕陽が見えるベンチにて

少し離れてそのベンチを撮らせて頂きました~

一人ベンチに座って、海を見ながらほっこりしたかったんですけどね。。。(*^▽^*)

 

来た道を戻り、先ほどの厳島神社とは違う三峯神社の鳥居のpicを収めた後、野島埼灯台を後にしました。

房総半島最南端、野島崎の三峯神社鳥居にて

房総半島最南端より帰路へ

冬の日は短く、さらに寒くなるということで無理はせず、帰路につくことにしました。

と言っても、ここは房総半島最南端、埼玉まで180キロと結構あるんですけどね。。。😓

R410から分岐する、さらに海側のシーサイドラインを走ります。

まだしばらくは海沿いを走れそうです。

R410からさらに海側のシーサイドライン風景

「道の駅 ちくら潮風王国」を横目にしばらく走っていくと、ロード脇のすぐ近くに灯台発見、ちょっと寄ってみました。

Googlemapで確認すると、「千倉港指向灯」。ミニ灯台って感じですかね。

房総半島千倉港指向灯with CBR650R

周囲には釣り人も多く、邪魔になりそうだったので、早々に退散。。。

CBRの前面から午後の日差しを受けるpicが本日最後のショットです。

房総半島千倉港にて午後の日差しを受けるCBR650R

 

エピローグ~冬のシーサイドラインを走るだけでは勿体ない!

今回のツーリングは海沿いの走りを楽しむ、ということに加え、行く先々での灯台やパワースポットのレポートとなってしまいましたね😅

房総半島・南房総はシーサイドを走るだけでも気持ちイイのですが、それだけでは勿体ない!と。

房総半島には歴史が古く絵になるパワースポットや、海際に立ち、海風景も楽しめる灯台など、ふんだんにあることを実感しました。

房総半島はパワースポットパラダイス~!😄

参考にしたのはじゃらんのこのページです。僕が訪れたのは一部ですので、ご参考まで。

館山・南房総の神社・神宮・寺院

p.s.じっくりパワースポット巡りをしたら、もっと味わい深いツーリングになること間違いなし!

 

 

と言いつつ、世の中は緊急事態宣言発出・・・

不要不急の外出を控えなくてはならない状況となりました。。。。

バイクは三密を避けての移動手段、行く先々でも注意すれば感染リスクは少ない、とも思いますが、万が一、事故った時の病院にお世話になる申し訳なさなどを考えれば、やはりツーリングは控えるべきかなと。

しばらくはツーレポをお届けできなさそうですが、それ以外のツーレポ振り返りやバイクライフの企画を考えてますので、引き続きお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

バイクツーリング is fun!

しばしのツーリングを我慢、その間は計画(妄想)三昧だ~、と前向きに考えるchizuo_riderでした。

房総半島・南房総、海をバックにする房総フラワーラインにて

 

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です