東海の海道&富士絶景巡り一泊ツーリング【1日目①】静波~御前崎~竜洋海岸巡り

2021年4月23,24日で、久々の一泊ツーリングに出かけてきました。

1日目に走ったのは、これから始まる山の季節の前に行ってみたかった伊豆半島の向こうにある、御前崎から伊良湖岬までの「海道」。

2日目は、富士山の絶景を眺めながら帰路につく、という道程。

静岡県焼津に宿泊しての埼玉初・全道程900キロの旅です。

 

今年の2月に出かける予定だったはずが、2度目の緊急事態宣言で涙のキャンセル。。。😭

3度目の4月25日から緊急事態宣言に入る直前に滑り込みで行ってきました。

GWに遠出できない鬱憤を晴らすかのように。。。😅

初めて訪れる静岡〜愛知の海道はユニーク&絶景パラダイス!

遥々出かけた甲斐がありました。

早速、綴っていきますね。

今回は1日目の東海・海岸をひたすら巡る旅です。

お世話になりました!モトツーリング「海道絶景」特集号

ちなみに、これまでシーサイドツーリングと表現していたのを、今回「海道」と呼ぶ理由はこちらです。

モトツーリング2021年3月号「海道絶景」特集号

いつもお世話になってます!大好きな「モトツーリング2021年3月号」の「海道絶景」という特集名に風情を感じてしまいました。。。

この号で「渥美半島・魅惑の海道」とのタイトルで渥美半島が取り上げられており、かなりインスパイアされたためです😅

元々2月に出かける予定でしたが、山の季節が始まる前になんとしても行きたかった!と思えるほどの、この海道に魅力を感じ、緊急事態宣言期間直前に出かけてきました~♪

<東海・海道 & 富士山>絶景巡りツーリングMap【1日目】

★1日目・高速以外の全道程/朝5時出発・ホテル着19時 計600キロ

【1日目①】
(関越道・所沢IC~圏央道~東名高速)
Ⓐ 東名高速/大井川焼津藤枝スマートIC
Ⓑ静波海岸
Ⓒマリンパーク御前崎~御前崎海岸(静岡最南端)
Ⓓ潮騒橋
Ⓔ掛塚灯台(竜洋海岸)

【1日目②】
Ⓕ新居弁天海釣公園(浜名湖南端)
~小島町海岸
Ⓖロングビーチ伊良湖
Ⓗ恋路ヶ浜駐車場・幸せの鐘
~西ノ浜風力発電~旧陸軍第一技術研究所 伊良湖試験場跡地
Ⓘ蔵王山展望台
Ⓙホテルアンビア松風閣(宿泊ホテル)

高速利用で静岡県焼津まで240キロ

埼玉自宅を朝5時出発、かなり陽は昇っていました。(曇ってますが(-。-;)

ツーリング出発前の埼玉自宅近くの朝空

本日の天気予報は晴れのち曇り、早く晴れてくれ〜、と思いつつ走り始めます。

いつもの関越道・所沢ICから圏央道〜東名高速を走り、一気に足柄PAまで移動。

本日は金曜日平日ながら、多くのバイカーが繰り出しているようです。

バイカーで賑わう東名高速・足柄PA with CBR650R

この一回の休憩で高速200キロ超を移動し、大井川焼津藤枝スマートICで高速を降ります。

いよいよ初めて降り立つ焼津の地。

未知の道はいつも心が躍ります〜♪

自由の女神に出会った静波海岸

先ずは大井川の河口まで走り、ちょっとアートな防波堤とパチリ。

大井川河口のアートな防波堤with CBR650R

単なる防波堤ではなく、来る人の目を楽しませてくれる仕掛けは歓迎ですね。

ほどなく最初の目的地、静波海岸に到着。

静岡県静波海水浴場の駐車場にてwith CBR650R

最初の海道風景です。

写っている海に突き出した場所まで歩いてみると、時折波がかかっているようでしたが、海を体感できて、爽快感に溢れる場所でした。

静岡県静波海水浴場の突端の風景

静岡県静波海水浴場の突端の風景②

静波海岸の海沿いを走ると、ユニークなコンテンツを発見!

静岡県静波海水浴場の自由の女神with CBR650R

ちょっと小振りな自由の女神(^o^)

世界のバイカーの共通の願い「コロナが終息して一日も早く自由にツーリングに行けるように🙏」とお願いしました。

ふと昔の「猿の惑星」という映画の最後のシーンで主人公が砂浜の朽ちかけた自由の女神を見て、「ここは地球だったのか。。。」というセリフも思い出してしまいました。昔すぎてすみません🙇‍♂️😅

素晴らしい海風景が広がる御前崎海岸

これぞシーサイドパーク!「マリンパーク御前崎」

次なる目的地、マリンパーク御前崎に向かう道中から、マリンな雰囲気になっていきます。

マリンパーク御前崎に向かうR150にて

この辺りは防波堤に海風景が阻まれてましたが😢、

しばらく走ると椰子の木ロードとなりました〜\(^o^)/

マリンパーク御前崎に向かう御前崎椰子の木ロードにてwith CBR650R

マリンパークに到着するや否や、マリンパークの名に相応しい風景が広がってました。

平日のマリンパークは空き空きでほぼ独占状態だったので、公園内に入ってのpicが続きます🙇‍♂️

先ずは丘向きの椰子の木ロード風景~♪

マリンパーク御前崎の椰子の木ロードにてwith CBR650R

で、この海側にこれぞシーサイドパークの風景が!

マリンパーク御前崎のシーサイドエリアにてwith CBR650R

この海上ステージ、めちゃ気に入ってしまいました😄

ステージをぐるぐる~😆

マリンパーク御前崎のシーサイドエリアにてwith CBR650R②マリンパーク御前崎のシーサイドエリアにてwith CBR650R③

マリンパーク御前崎のシーサイドエリアにてwith CBR650R④

誰もいないことをいいことに自撮りも。。。😅

マリンパーク御前崎のシーサイドエリアにてwith chizuo&CBR650R

先ほど写っていた風車もいい感じでした😊

マリンパーク御前崎の風車 with CBR650R

やっぱり風車はデカい・・・

このマリンパークの去り際に椰子の木ロード&風車と最後の一枚です。

マリンパーク御前崎の椰子の木ロードと風車とCBR650R

いやぁ~、楽しかった~🤗

マリンパーク御前崎の風景に感謝です🙇‍♂️

マリンパーク御前崎のHPはこちら→マリンパーク御前崎HP

御前崎の岬にて静岡県最南端のモニュメントと出会う

マリンパーク御前崎を出た後、シーサイドライン「サンロード/r357」を走っていきます。

静岡県御前崎サンロードにてwith CBR650R

この道は防波堤は低く、海の風景を感じながら走れる爽快ロードでした。

CBRの先に何やらモニュメントのようなコンテンツを発見!

ここでも平日空き空きなのをいいことに、そのモニュメントの近くまで接近すると・・・🙇

静岡県御前崎岬の最南端モニュメントにてwith CBR650R

なんとここは静岡県最南端~♪

静岡県最南端は伊豆半島石廊崎だと思ってました(;^_^A

こここそ陸と海のボーダーかもしれませんね😄

その先も心地よい海際ロードが続きます。

御前崎サンロードの海際爽快風景with CBR650R

東海の海道風景続く・・・

r357を抜け、R150をしばらく走っていきます。

御前崎岬から西へ走るR150

今日は御前崎から伊良湖岬へひたすら西へ。

海からの風を体感できる「潮騒橋」

R150の大東温泉シートピア交差点を左折、事前にGoogleMapで調べ、開放的な風景が広がる菊川河口に架かる潮騒橋に向かいます。

海際直前のT字を右折するとその橋があるのですが、ふと左側を見ると、ちょっとイイ感じの風景を発見!こちらです。

大東海洋公園にほど近い緑のトンネルと風車とCBR650R

風車から緑のトンネルを抜ける風が心なしか心地よく。。。😊

そのまま直進するとその橋はありました。

橋を渡る途中の風景です。

菊川河口に架かる潮騒橋 with CBR650R

名前の通り、海の潮騒を体感できる場所でした~😄

Uターンした風景の方がその雰囲気満載です😆

菊川河口に架かる潮騒橋 with CBR650R②

それにしても房総半島以上に今日走っている御前崎から伊良湖岬までのエリアには風車が数多く立ち並び、それだけ風が通り抜ける場所ということなんでしょうね。

これまで見てきた、海の代表コンテンツ、椰子の木、風車以外に大事なコンテンツを忘れてました。灯台です。

さらに西へ向かった場所にその灯台はありました。

ちょっと可愛らしい白亜の「掛塚灯台」

R150を竜洋海洋公園に向かう交差点を左折、公園を左手に通り過ぎ、天竜川河口に突き当たり左折、海際の小道を走っていきます。

掛塚灯台へ向かう海際の小道にてwith CBR650R

海を眺めながら、のんびり走っていくと見えてきました。

可愛らしい白亜の掛塚灯台 with CBR650R

海沿いを走る小道の陸側に立つ灯台って少ないのでは?

記念ショットするには絶好のポジションです。

可愛らしい白亜の掛塚灯台 with CBR650R②

Uターンして天竜川沿いを走りR150に戻る途中、海からの風ではなく、川を横切る風を受ける風車群とパチリ。

天竜川河口沿いに並ぶ風車群with CBR650R

風車の風景は最西端にクライマックス風景が待っていましたので、後程。。。

一泊旅一日目の御前崎から伊良湖岬ルートの3割は超えたあたりでしょうか。

まだまだ海道絶景ツーリングは続きます。

【1日目②】は海岸だけでなく、スケールの大きい絶景が待ってました~😆

 

バイクツーリング is fun!

1日目は海道づくし、2日目は富士山ずづくしの東海絶景でお腹いっぱいのchizuo_riderでした。

★不慣れな自撮りであたふたしてます

マリンパーク御前崎のシーサイドエリアでの自撮りであたふたするchizuo&CBR650R

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です