「万座ハイウェー~志賀草津道路~奥志賀林道」秋の奥信濃ツーリング

道路コンディションGood。奥志賀公園栄線②

CBR650Rでトライ!奥志賀林道・自然体感ツーリング

2019年10月10日、「万座ハイウェー」から「志賀草津道路」、奥信濃の秘境「奥志賀林道」を走ってきました。

先週の「山王林道」走破で山岳部の奥地の自然体感「林道」ツーリングにはまり、次なるターゲットとして「奥志賀林道」を選びました。

林道(もちろん舗装!)でもコンディションによっては、CBR650Rのようなスポーツ系バイクでも十分楽しめます。

昨年は霧に包まれていた志賀草津道路。走行可能な10月15日までの晴れの日を探っていた中、平日晴れの最後の木曜に有給取って無理くりのツーリングでしたが、奥信濃を目指す万座ハイウェー~志賀草津道路~奥志賀林道のひたすら北上する旅は心に残るツーリングとなりました・・・。(帰りが遠かった~(苦笑))

幾多のワインディングを走って到達する、この日本の自然の秘境風景を走るバイクツーリングの素晴らしさ。。。

非日常・一期一会の風景と出会える、これぞバイクツーリングのだいご味。

日帰り・530キロの旅、スタートです。

 

今回のツーリングは台風19号の直前でした。訪れた近くの千曲川が決壊し、甚大な被害をもたらしました。多くの人たちが通常の生活を送れていないことに心を痛めています。1日でも早い復興を祈っています。

万座ハイウェー~志賀草津道路~奥志賀林道/秘境ツーリングMap

ⒶⒾ関越所沢IC
Ⓑ小諸IC
Ⓒ万座ハイウェー料金所
Ⓓ万座温泉付近
Ⓔ蓮池スキー場付近(r471入口)
Ⓕ野沢温泉スキー場
ⒼJR飯山駅付近
Ⓗ豊田飯山IC

 

浅間サンラインから東御嬬恋線/r94経由し、万座ハイウェーへ

いつもより少し遅めの朝7:00に埼玉自宅を出発、関越所沢ICから上信越小諸ICで降り、万座ハイウェーを目指します。

いつもの上里SAで休憩、平日ということもあり、バイクは2台のみ~。空いている平日の上里SA一気に小諸ICまで走りました。今回のツーリングより夏ジャケットから秋ジャケットに。上信越のトンネルは涼しい、を通り越し、寒い状態だったので正解でした。

正確には春秋ジャケット(クシタニ・モードスポルトジャケット)の下にパーカ-を着込んでます。おすすめ!クシタニモードスポルトジャケット

穴場快走ルート「東御嬬恋線/r94」

小諸ICを降りてすぐの直線メインの浅間サンラインを走り、別府交差点を右折、東御嬬恋線/r94に入ります。浅間サンラインこのルートはタイトルに入れていませんが、かなりの穴場快走ワインディング。

先ず最初の風景。浅間山を右手に登っていきます。東御嬬恋線から浅間山を望むちょっとずつワインディングになっていき、ワインディングになり始めた東御嬬恋線視界の抜ける真っすぐ主体のルートを気持ちよく走り、視界の抜ける東御嬬恋線湯の丸スキー場を過ぎると、コンディションのよい快走&爽快ルートになりました~。快走&爽快ルート!東御嬬恋線この写真のようなルート風景は短いものの、また走りたくなる穴場ルートです。

さらに下ると気持ちいい林間コースに。気持ちいい林間コース、東御嬬恋線

すいすい~っと、万座温泉ハイウェー

2回目の万座ハイウェーです。昨年の10月7日に訪れたので、ほぼ1年前。様々なルートはもちろん、同じルートを時を経て走る面白さ。違う表情が見れれば、味わい深い。。。

料金所でお高めの通行料740円を払ってハイウェーに入っていきます。万座ハイウェー料金所

走り始めて間もない辺り、これ以上ない快晴~。万座ハイウェースタート!昨年も訪れた嬬恋牧場。これまた爽快な青空~。爽快な青空~@嬬恋牧場さらに登っていきます。さらに登っていきます。万座ハイウェー紅葉手前の薄目の緑にあふれた景色。紅葉手前の緑が鮮やかな万座ハイウェー昨年の10月7日の上記写真に近い万座ハイウェーの風景。今年より3日早いのに「紅」の装いが始まってました。2018年の万座ハイウェー

ほどなくして万座温泉エリアに到着。辺り一杯に硫黄のにおい。僕は好きです。。。硫黄のにおい一杯の万座温泉エリア万座三差路に向かう途中のうねうねが始まった辺り。万座三差路手前のロード風景逆側は万座温泉エリアを一望できる眺望が広がっていました。万座温泉エリアの一望!

憧れの『晴れ』の「志賀草津道路/R292」

昨年に志賀草津道路に上がってきたときは霧降り状態。。。今年は快晴ということで、どんな景色を見せてくれるのか・・・。

最初に昨年の風景をお見せします。どよよ~んと、こんな感じ。2019年秋「霧降」志賀草津道路

それが今年はこちら!(場所が違うのはお許しを)  後方の遥か遠くには雪化粧の北アルプスが。。。遥か遠くの北アルプスの風景が。。。同じ場所でもこの違いは大きすぎます(苦笑)。天候が違えば当たり前ですけどね。

そして志賀草津道路の鉄板エリア「山田峠」。我慢できずに道路わきにバイクを停めて写真タイム~。お許しを🙇🙇🙇。

(磐梯吾妻スカイラインで後悔したものですから。。。)

志賀草津道路・鉄板エリア「山田峠」①CBR650Rの先には志賀草津道路のこれぞ鉄板風景①~。志賀草津道路の鉄板風景バイク後方も鉄板風景②~。志賀草津道路の鉄板風景②さらに走っていくと、志賀草津道路の素晴らしさを体感。このルート景色、眺望、ルートコンディション。。。Good~。素晴らしい!志賀草津道路昨年の写真で近しいエリアのものがありました。こちらです。2018年秋「霧降」志賀草津道路何も見えない。。。( ;∀;)

お気づきかもしれませんが、昨年は道路の横のスペースから、今年は道路内からの車が通っていない時を見計らってのフォト。ちょっと調子に乗ってしましました🙇🙇🙇。

先ほどとは逆の草津温泉エリアの壮観な眺望です。志賀草津道路からの草津温泉眺望

そして言わずとも知れた県境に位置する渋峠ホテルで一休み。県境に立って志賀草津道路を暖かく見守ってくれてます~。志賀草津道路といえば渋峠ホテルですね県境に位置する渋峠ホテル渋峠の先も山の稜線を走るルートが続きます。渋峠の先の山の稜線を走るルートしばらく走るとヘアピンとなって下っていくルートに。

一気に蓮池スキー場エリアまで走り、いよいよ奥志賀林道です!

林道の名が付く爽快ロード、「奥志賀林道/奥志賀公園線・栄線」

先ずは道幅が広い奥志賀高原スキー場エリアへ/r471

先週の「山王林道」に続き、2回目の「林道」と名の付くルートのツーリング。

しかも今回は志賀草津道路・蓮池スキー場エリアの右折地点から野沢温泉スキー場エリアまでのほぼ1.5車線・60キロの旅。

ちょっと緊張しながらのスタートです。

志賀草津道路・蓮池スキー場エリアで右折、r471に入ります。先ずは「奥志賀高原」までのコース。

奥志賀林道スタート!

しばらくは2車線で上空が開けているスキー場エリアを走ります。おっ、予想と違う気持ちよさ。。。

上空の開けた2車線エリア@奥志賀林道

一ノ瀬スキー場を過ぎて二股に分かれる地点、狭く見える方がr471。いくつかある二股ではこのパターン多し。。。一ノ瀬スキー場エリア@奥志賀林道この心細さはすぐ消えます。いきなり開けたエリアに。「私をスキーに連れてって」で有名な志賀高原焼額山スキー場です。

なつかし~。志賀高原プリンスホテルをバックにパチリ。志賀高原プリンスホテル!逆側は薄くなった紅葉手前の緑あふれる景色が広がっています。志賀高原プリンスホテルエリアの紅葉手前の風景この辺りは中央線がないものの、道幅の広いエリア。行く手にはきれいな山岳風景が広がっている期待感大~。

道幅広し!志賀高原エリア@奥志賀林道

奥志賀林道の本番「奥志賀公園栄線/r502」へ

そして、「奥志賀公園栄線」の起点の表示が。。。奥志賀林道の本番スタートです奥志賀公園栄線の始まり~道幅はThe1.5車線になったものの、道路コンディションは相変わらずGood。ルート風景に秘境感はまだありません。

道路コンディションGood。奥志賀公園栄線①道路コンディションGood。奥志賀公園栄線②

しばらくは緩いカーブと真っすぐ主体のコース。心なしか緑から紅葉が少しずつ混ざってきました。奥地に突き進んでいる実感がわいてきます。紅葉が少しずつ増えてきた奥志賀公園栄線少し道幅が広くなったエリアで一休み。快晴の中、なんと走りやすい林道なんだ~。真っすぐで気持ちイイ奥志賀公園栄線

ちなみに平日ということもあり、すれ違うバイク・車はここまではゼロです。

少し紅葉が混ざった中でCBR650Rとの自撮り。誰もいないからいいか(笑)。紅葉をバックにCBR650Rとのショット徐々に標高を上げていくと、眺望が抜けるエリアに。だんだん秘境感出てきました。眺望が抜けてきた奥志賀林道来た道も気持ちイイー爽快林道~奥志賀林道①行く道も気持ちよさそうー道路コンディションGood。奥志賀公園栄線②もはやこのコンディションは「快走&爽快林道」。林道ながら、すいすい~っと走っていきます。

そしていつの間にか、かなり標高を上げて抜ける眺望に~。標高を上げた奥志賀林道もはや稜線を走っている雰囲気です。スカイラインっぽいルート風景そしてさらに遠くまで抜けている眺望が広がっていました~。スバラスィ~。遠くまで抜ける眺望が・・・

ここまで登るのにブラインドのタイトターンは確実に増えてます。

ただ、見晴らしは良く、対向車も皆無、道路コンディションは相変わらずGoodで、1.5車線ながら、気持ちよく走れました。

ルート脇にバイクを停めれるスペースにて。眺望がさらに抜けるエリアにて@奥志賀林道

眺望がすばらしい野沢温泉スキー場エリア

野沢温泉スキー場エリアに到達。この辺りはうねうねタイトターンが続きますが、たまに眺望が抜けるポイントも。野沢温泉スキー場エリアに到達野沢温泉スキー場エリアの眺望さらに下っていくと、写真スポットが出現。バイクを停めてパチリ。野沢温泉スキー場・写真スポット!「日本の夕日百選」だそうです。確かにここで夕日を見たら感動しそう。日本の夕日百選@野沢温泉スキー場さらにうねうねと下っていきます。野沢温泉スキー場の下りルート風景①野沢温泉スキー場の下りルート風景②

 

奥志賀林道60キロ、走り切りました~。

スポーツ系バイクでロング林道ツーリング、で当初抱いていた不安は吹き飛ぶくらい、走りやすい爽快なルートでした。

1.5車線でのタイトなブラインドカーブは要注意ですが、スピードを出して走るというより、ゆっくり走りながら自然の風景を楽しむルートです。

時速40キロAveくらいで走り、所要時間は1時間半ほど。

奥信濃の自然を楽しみながら走る林道ツーリングの気持ちよさ。飛ばすツーリングではありませんでしたが、爽快感(と心地よい疲れ)しか残ってません。

r38に出てすぐ振り返り、素晴らしいルートを走れたことに感謝しつつ野沢温泉を後にしました。奥志賀林道、走り切りました

田園風景が広がる飯山駅エリアで昼食&一休み

そのままr38を走り、飯山駅周辺で昼食をとるため、菜の花公園南交差点を右折しました。事前にGooglemapで見ていた直線の長いコースに入ります。

ここには里山の田園風景が広がっていました~。北海道並?とまではいきませんが、長いストレートで両脇は畑が続く爽快ロード。

田園風景が広がる気持ちのいい直線ロード@飯山市行く手もずっと続きそうなストレート~田園風景が広がる気持ちのいい直線ロード@飯山市②先に見える山は方向的には斑尾山でしょうか。田園の向こうの山々、信州らしい風景です。

飯山駅エリアに着いて、Googlemapで「蕎麦」で検索して出てきた口コミポイント4.1の「そば処幸輪」さんへ。

十割そばの鴨南蛮汁のセットを注文、美味しく頂きました。飯山駅近くの「そば処幸輪」さんにて気が付くと15時をまわっており、Googlemapではここから自宅まで240キロ・・・。こちらで美味しいお茶を飲みながらゆっくり休んで出発です。

上信越道に乗る前に「道の駅ふるさと豊田」の看板を見つけ、ちょっと寄ったあと、上信越道・豊田飯山ICより帰路に着きました。道の駅 ふるさと豊田にて一休み

最後に途中の東部湯の丸SAにて、夕日を受けての一枚です。東部湯の丸SAで夕日を受けてのCBR650R

旅を終えて ~奥信濃の自然体感・林道ツーリングwithCBR650R、最高でした

今回のルート、万座ハイウェー、志賀草津道路、奥志賀林道はどれも有名なルートですが、心に残ったのは奥志賀林道です。

スポーツ系バイクでロング林道ツーリング、で当初抱いていた不安は吹き飛ぶくらい、走りやすい爽快なルートでした。

1.5車線でのタイトなブラインドカーブは要注意ですが、スピードを出して走るというより、ゆっくり走りながら自然の風景を楽しんできました。

時速40キロAveくらいで走り、所要時間は1時間半ほど。

奥信濃の自然を楽しみながら走る林道ツーリングの気持ちよさ。飛ばすツーリングではありませんでしたが、爽快感しか残ってません。疲れは心地よい感じです。

 

林道だけ走るなら、アドベンチャーツアラーなどが最適。でもそこまでには高速道路や幾多のワインディングを経て到達します。

ツーリングをトータルで考えると、今のCBR650Rが楽しいー。

 

バイクツーリング is fun!

リターンライダー大型初心者、地図男(ちずお)でした。

奥志賀林道にて自撮り~

 

 

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です