初夏の深緑を楽しむ信越ツーリング【前編】美人林~星峠の棚田~高田城址

2021年6月11日(金)、まだ訪れたことの無い新潟・十日町から上越を走り、長野・飯山を抜ける信越ツーリングにCBR650Rと出かけてきました。

前回のツーリングで訪れた長野(南信)・岐阜の境界の九蔵峠に続き、信州ボーダーの峠巡りを思い立ち、今回は長野(北信)の代表的な峠「関田峠」を目指す旅です。

関田峠をハイライトにしたかったので、後半に走る道程を考え、関越道からアクセスし、新潟から長野に入るルートに。

深緑が眩しい星峠や関田峠以外でも蓮があふれる高田城址や個性的な西大滝ダムを訪れ、記憶に残る旅となりました~(^O^)

高速合わせて、往復550キロほどの日帰り旅です。

星峠~関田峠ツーリングMap

【前編】
(関越道・所沢IC~)
Ⓐ塩沢石打IC
Ⓑ美人林
Ⓒ道の駅まつだい ふるさと会館
Ⓓ星峠の棚田
Ⓔ直江津海水浴場付近
Ⓕ高田城址

【後編】
Ⓖ上越妙高駅
Ⓗ関田峠
Ⓘ西大滝ダム
Ⓙ塩沢石内IC

赤城高原SAにてインスタ・フォロワーさんと。。。

朝6時に埼玉自宅を出発、所沢ICから関越道に乗り、いつも寄る上里SAをパス、赤城高原SAまで一気に走ります。

関越道伝赤城高原SAにて

ここまで来るとバイクは少なく、一台のみ。

赤城高原SAでインスタフォロワーさんのバイクを発見!

あれ?このバイクどこかで見たような。。。と思い、インスタを見ると、やはりフォロワーさんのバイクでした。

フォロワーさんと偶然に出会う初の機会になる!ということで、しばらく待ってみましたが、待ち人来らず。。。(涙)

少しだけ散策して、SAを後にしました。

赤城高原SAにて

帰宅後にインスタでコメントしたら、やはりそうでした(^◇^;)

その時ふと、リアルタイムでコメントすれば良かったことに気づき、次回以降トライしようと思います。。。

豪雪地帯を抜けるロードにて

関越道を塩沢石打ICで降りて、R353を北上。

関越道・塩沢石打ICにてwith CBR650R

しばらくは初夏の気持ちいい山間部を抜けていきます。

初夏の新潟R363のロード風景

さらに北上していくと流石、豪雪地帯らしいロード風景が続きます。

先ずは豪雪地帯の代名詞、スノーシェ~ッド

R353のスノーシェッド

数え切れないほど潜りました。。。

R353のスノーシェッド②

スノーシェッドの合間は爽快ロードが続きます〜♪

R353のスノーシェッドの合間の爽快ロードwith CBR650R

トンネルもめちゃ多かったです(^◇^;)

R353のトンネル風景にて

美人な林、「美人林」にて

そんなこんなの風景を抜けて、最初の目的地「美人林」に到着。

平日ながら小学校の社会科見学?のご一行が見学している中、散策開始です。

美人な林「美人林」にて

この入口辺りは普通の林だと思いましたが、中に入っていくと・・・

美人な林「美人林」にて②

早速看板発見。その奥には・・・

美人な林「美人林」にて③

なんと綺麗なブナ林が広がっていました~( ^)o(^ )

美人林、いいネーミングと思いましたよ。

小道に沿って少し先に進みますが、とにかく若々しいブナ、ブナ、ブナ・・・(;^_^A

美人な林「美人林」にて④

同じような風景が続いていそうだったので、進むのはやめて、ブナのオゾン体感に集中することに。

濃密なブナのおかげで暑くなってきた気温もここでは涼しく感じるほどです。

ブナはたくましく生きてました~♫

美人な林「美人林」にて⑤

みずみずしいブナ林の風景だけでなく、爽やかなオゾンを体感できる美人林、詳しくはこちらにて。美人林HP

「道の駅まつだい ふるさと会館」で一休み

のども乾くほどの気温になってきました。30度手前の体感です。

水筒は持参しているものの、アイスコーヒーが飲みたくなり、美人林からほど近い「道の駅まつだい ふるさと会館」に寄ることにしました。

先ずは記念碑にて。

道の駅まつだい ふるさと会館にてwith CBR650R

湯沢と日本海側を結ぶほくほく線発祥地のようです。

線路の向こうにはアートなオブジェがいくつか飾られてました。旅を盛り上げてくれるコンテンツですね。

道の駅まつだい ふるさと会館のアートなオブジェ

線路わきには穏やかな山間部風景が広がっています。のんびり気分になってきました~♫ 暑いですけど・・・(;^_^A

道の駅まつだい ふるさと会館に接続するまつだい駅付近の穏やかな風景にて

ほくほく線が通らないかな~と少し待ってみましたが、姿を見ることが出来ませんでした・・・(´;ω;`)

写真付き記念碑で我慢です。

道の駅まつだい ふるさと会館広場のほくほく線の記念碑にて

道路側にはお城の城壁?的な塀が続いていました。なかなか洒落てます(^O^)

道の駅まつだい ふるさと会館の道路沿いの城壁?風景にて

山間部の田園、「星峠の棚田」へ

爽快2車線・R403を西へ走っていきます。

爽快2車線・R403を走る

里山風景の中を走るR403があまりに爽快すぎて、一気に星峠の棚田に到着・・・

見晴らしの良さそうな展望台がありましたが、ハイキングの一団に独占されていたので、棚田に降りていく小道を下ってみることに。

棚田に囲まれた1車線の下り道をそろーりと降りていきました。

星峠の棚田にて

水田を実際に見るより、picで見ると、ちゃんと水鏡になってますね(^O^)

棚田は下から見ると棚田の風景にはならない、ということをあらためて知りました(;^_^A

星峠の棚田にて②

狭い小道を何回か切り返して、来た道を登り、先ほどの展望台に戻ってみると、今度は同世代?のV-stromのバイカーが一人、撮影大会を実施中でした。

しばらく順番待ちした後に交代、展望台からの棚田風景は格別~♫

星峠の棚田の展望台にて

星峠の棚田の展望台にて②

星峠の棚田の展望台にて③

房総半島の大山千枚田など、これまでも何回か棚田風景を見てきましたが、米どころ・新潟の棚田は、これぞ日本の棚田!って感じがします。

星峠の棚田の情報はこちらにて確認ください。

星峠の棚田HP

上越市街から日本海へ・・・

星峠の棚田を出発、R403に戻り、r13を北上、R253を西へ、走っていきます。

真っすぐ主体のr13のロード風景にて。

伸びやかなロード風景が広がるR253

R253に入り、キャラクターらしき物体を発見~♪ 記念撮影します。

R253のキャラクター?とCBR650R

平日と言うこともあり、道は空き空き。。。ついアクセルを回し気味です(;^_^A

伸びやかなロード風景が広がるR253②

しばらく走っていると山間部から市街地へ出たようで、一気に視界が抜けてきます。

道の左手・南西側に山頂には雪が残る連峰が姿を現しました。GoogleMapで調べると、おそらく北信五岳でしょうか?

市街地に入ったということで、r253は車の往来も多くなってきたため、田園風景が広がる側道に入っての撮影です。

北信五岳をバックにするCBR650R

picではわかりづらいかもしれませんが、五岳の存在感は半端ありませんでした~(;^_^A

当初は上越市街地にある高田城址へ向かう予定でしたが、せっかくここまで来たので、初の日本海を目指すことにしました。

GoogleMapで調べ、海沿いに位置する船見公園に目指すことに。

公園に着くと海側にはフェンスがあり、海がほとんど見えない状態だったので、そのまま日本海沿いを西へ走ります。

それでも海が見えて、バイクを停めれるような場所は無く、ようやく見つけたのは、砂浜?が広がる場所。GoogleMapで見ると直江津海水浴場辺り?でしょうか。

上越市・居多ヶ浜付近の砂浜にてwith CBR650R

うーむ、初めてリアルで見る日本海でしたが、感動は無く・・・(-_-;)

日本海で感動するツーリングはまた今度ということで。。。

蓮が綺麗な「高田城址」

上越市街地を抜け、高田城址へ。

ぐるっと回って最初に目に着いたのは、城址の周りを囲む蓮づくしの池の風景。

高田城址を囲む蓮の池にてwith CBR650R

風流なり~(^O^)

さらに風流な風景に出会いました~♫ それがこちら。

高田城址を囲む蓮の池に架かる赤い橋にてwith CBR650R

朱の橋と紅いCBRのコラボです(^O^)

この蓮の池を眺められる木陰のベンチがあり、しばし休憩。

通りを挟んで向かいの駐車場のトイレを借りた後、一瞬公園内に入りますが、フツーの公園のようだったので、引き返し、紅い橋と蓮の池とコラボして、この場を後にしました。

上越市・高田城址公園内の風景

上越市・高田城址公園を囲む蓮の池に架かる紅い橋とCBR650R

せっかく「城址」と名の付く場所に来たので、櫓を探したらありました!最後にコラボさせて頂きました~( ^)o(^ )

上越市・高田城址の櫓とCBR650R

 

これまでは新潟観光と言う感じでしたが、ここからは新潟・長野のボーダー「関田峠」を目指す旅です。

続きは後編にて。。。

 

バイクツーリング is fun!

伸びやかな新潟ロードにちょっと酔いしれ気味のchizuo_riderでした。

伸びやかな新潟山間ロード、R403とR253を結ぶr13にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です