MENU
〜CBR650R & NC750Xと行くリターンライダーのブログ〜

秋の2泊3日奥静ツーリング【1日目】r1&天竜川下り

夕景の弁天島海浜公園にてwith CBR650R

2022年11月3〜5日で奥静ツーリングに出かけてきました。

1日目にタイトルをつけるとすれば「r1天竜川下りツーリング」、長野県飯田市からひたすらほぼ天竜川沿いの長野・愛知・静岡r1を下り、浜名湖まで南下するルートです。

長野から静岡まで南下するルートは数多くありますが、今回は「とにかく天竜川を下る!」ということでr1を選択(^O^)

2日目、3日目もそれぞれタイトルがありますが、3日間を総称して「奥静ツーリング」としました。

3日間のマップを統合したら、W以上の相当な南北ジグザグとなってます(^_^;)

11月に入ったもののまだ紅葉には早かったようでしたが、諏訪湖から流れる天竜川と共に山深いエリアに入って行くルートは秘境感満載\(^o^)/

そして今回走るルートは9割は初めてで、終始ワクワクしながらの走行でした。

ちなみに2日目以降は以下のルートです。

【2日目】奥大井ツーリング

浜松駅近くの宿から北上、

天竜川スーパー林道を山住峠まで走り、

今度はr389をひたすら南下した後、

R362を西へ大井川にぶつかると北上、

奥大井川湖上駅の絶景を眺め、

南下して清水駅近くの宿へ。

【3日目】身延道ツーリング

清水駅の宿から一旦は三保海岸で富士山を眺め、

身延道を北上、久遠寺にちょっと寄って、

南アルプス側へ登り富士山を眺め、

最後に甲府盆地の夜景を眺めて中央高速へ。

・・・

という感じです。

3日目の「富士山を眺める」は正確には「富士山方面を眺める(見えなかったけど)」です(^◇^;)

今回も事前のGooglemapやTouringMapple調べ、ツーリング仲間の情報を元に計画したおかげで、コンテンツ盛り沢山の2泊3日でした。

それでは1日目、早速綴っていきますね(^O^)

奥静ツーリング【1日目】天竜川下りMap

(関越道・所沢IC~圏央道~中央道)

※ⒷからⒻまでほぼr1(長野→愛知→静岡)

Ⓐ中央道・飯田IC

Ⓑr1北側始点

Ⓒ天竜橋(為栗駅)

Ⓓ中井侍エリア

Ⓔ夏焼第二隧道

Ⓕ佐久間ダム

Ⓖ道の駅くんま水車の里

~r9~r47~R257~r320~r49~

Ⓗ弁天島海浜公園

~R301~r62~

Ⓘさわかや浜松鴨江店

ⒿHOTEL ACT GARDEN HAMAMATSU(一日目の宿)

長野県r1北側起点からスタート!

早朝4時半に埼玉自宅を出発、いつもの埼玉近くの朝空を眺めながら、初めて走る道への期待感が高まります(^O^)

奥静ツーリングに出かける前の埼玉自宅近くの朝空

最寄りの関越道・所沢ICから圏央道〜中央道と走り、談合坂SAで最初の休憩。

中央道・談合坂SA駐輪場にてwith CBR650R

さすがにまだ暗くて寒い。。。

中央道のいつものパターン、談合坂から120キロほどの諏訪湖SAでの休憩を挟み、飯田ICで中央道を降ります。

街中を抜け、長野県r1の起点に来ました。

長野県r1の北側起点にてwith CBR650R

ここからいよいよr1&天竜川南下の旅の始まり〜\(^o^)/

最初は地図では天竜川沿いでも川が見えないエリアや陸側を多く走るルート。

少し内陸側を走り、天竜川に架かる橋ではないけど、開けた千泰大橋にて。

残念ながら紅葉にはまだ早そうですが、本日初めてのオープンエアーな風景です。

長野県r1の橋上にてwith CBR650R

里山風景をの〜んびりと。

長野県r1の里山風景をのんびり走るwith CBR650R

この辺りは爽快2車線が続きます。

長野県r1の爽快2車線のロード風景

今度は天竜川にかかる南宮大橋にて。

長野県r・天竜川にかかる南宮大橋にてwith CBR650R

r1&天竜川南下の旅ということで、何回天竜川を渡ったことか・・・

全ての橋は撮れてませんが、印象に残った橋は極力撮ってます(^O^)

南宮大橋はその中でも比較的大きい橋でした。

これから自然奥深く入っていくごとにこじんまりと経年劣化?いやいや風情を感じる橋が増えていきます。

r1ロード脇は徐々に自然が多くを占める風景に。

長野県r1の自然豊かな風景with CBR650R

秘境の駅「為栗駅」にて

行きたかった最初の場所として選んだのは「JR飯田線・為栗駅」。

名勝「信濃恋し」の奥にあり、駅のすぐ近くまで行けるということで楽しみにしていたスポットです。

r1を左折し1車線のような走り、この風景まで来ました。

JR飯田線為栗駅手前の天竜橋にて

為栗駅に行くにはこの天竜橋を渡らなくてはならないのです(;^_^A

pic左手にある「車通行禁止」の標識。二輪は通行可能のようなので、そろーり渡ってみます。

JR飯田線為栗駅手前の天竜橋にてwith CBR650R

絵的にも見ての通り、ゆらゆら揺れる吊り橋でした^^;

橋を通過、その先で天竜川にかかる天竜橋をバックにパチリ。

JR飯田線為栗駅手前の天竜橋にてwith CBR650R②

今日はこんな風景を沢山とるぞー!

この目と鼻の先に為栗駅はありました。

JR飯田線為栗駅にてwith CBR650R

情緒を感じる無人駅だー、、、と思いつつ、周囲に人の住む気配はなく、一体この駅は誰が使うんだろうか・・・

というくらいの駅だったので、飯田線はお目見えしてくれないだろうと思い、Uターンして一休みしていたら、なんとガタゴトと音が!

あわててスマホを構えると、飯田線が目の前を通り過ぎていきました~(*^▽^*)

JR飯田線為栗駅で飯田線とCBR650R

先日の能登ツーリングの富山湾を走る氷見線の時に続いてラッキー!

ホーム内の時刻表を見てみると・・・

JR飯田線為栗駅のホーム内の時刻表

ほぼ2~3時間に一本でした^^;

駅ホームからの線路風景を眺めながらこれは幸先いいかも~、と旅のこれからの一期一会の風景との出会いに期待!

JR飯田線為栗駅のホームから線路を眺める

秘境の茶畑「中井侍」にて

南下していくほどに自然豊かな風景が広がってきました。

長野県r1の天竜川の自然豊かな眺めwith CBR650R

秘境感が漂い始め、ワクワクしてきましたよー

ということで天竜川にかかる橋も年季が入ってきました^^;

JR飯田線・鶯巣駅近くの天竜川にかかる天竜川橋にてwith CBR650R

そして本日2つ目の秘境エリア「中井侍」へ入っていきます、いや、登っていきます。

最初に開けた場所にて。

秘境の茶畑「中井侍」にてwith CBR650R

眼下に集落が見えてきました。

その先でロード右端にCBRを停めて下を覗くと・・・

秘境の茶畑「中井侍」にて

急斜面に茶畑~、の向こうに天竜川~(^O^)

「下栗の里」を思い出します・・・

下栗の里を走った時は登り、今度は下りということで慎重に。。。

ちなみにこんなヘアピンカーブの連続する下りになってます(~_~;)

中井侍の茶畑のヘアピンロード

Map右手から左手へうねうねヘアピンカーブをそろーりとスタート。

中井侍の茶畑のヘアピン風景

抜ける風景が気持ち良き~、と思いつつ、かなりの急勾配になってます。

ギアも2速では減速できず、1速に(-_-;)

それでもリアブレーキも併用してようやくコントロールできるレベルでした。

中井侍の茶畑のヘアピン風景

カーブ先端で車と鉢合ったらかなりヤバそう・・・(;^_^A

と言いつつ風景は素晴らしい~~~

中井侍の茶畑のヘアピン風景②

このやばい~、と素晴らしい~、が混ざりつつ下り切りました(‘◇’)ゞ

r1に合流すべく直進。

中井侍の茶畑を抜けた後のロード風景

路面状況は思ったより悪くなく、そのまま進んでいくと・・・

中井侍の茶畑を抜けた後の通行止め・・・

がーん!通行止めの標識が。。。

左手ではr1に出れず、仕方なくUターン。

これはまた中井侍の急斜面を今度は登っていくのか~?

と思ったら登らないで戻れるルートがあり、ホッ。。。

r1に何とか戻れました(^-^;

長野県→愛知県→静岡県へ

さらに山深くなっていく風景の中を南下。

天竜川の支流を越える橋にてwith CBR650R

どんどんいい感じになってゆく・・・(^O^)

とすると、またもや通行止めの看板!

よく見ると通行止めは右手、r1は左手ということで一安心。。。

長野県r1の通行止め看板にて

その先でついに長野県から愛知県へ。

r1の長野県と愛知県の県境にてwith CBR650R

r1の長野県と愛知県の県境にて

関東甲信越から東海エリアにはるばるやってきた実感が沸々と湧いてきます。

この辺りはトンネルが多く、さらに山深く入っている実感も。。。

愛知県1の芦沢トンネルにて

愛知県1の芦沢トンネルにて②

この辺りは長野県・愛知県・静岡県3県の県境が近く、天竜川を挟んで愛知県と静岡県をつなぐ橋の手前でパチリ。

r1から大嵐駅へむかう愛知県と静岡県の県境にてwith CBR650R

ここでr1を逸れて左折し、r288へ。

大嵐駅に向かう左手の橋上での風景はご覧の通り建造物が消えた自然の世界です~

r1から大嵐駅へ向かう橋上にてwith CBR650R

r1から大嵐駅へ向かう橋上にてwith CBR650R②

で、橋を渡ると静岡県入り~

天竜川を渡り愛知県から静岡県に入ったポイントにてwith CBR650R

天竜川を渡る橋の前後でそれぞれの県の看板があるなんて、ユニークな場所ですね(^O^)

橋上にあったら面白いのに~と思いつつ。

秘境の隧道「夏焼隧道」

そのまま走り、JR飯田線・大嵐駅にて。

JR飯田線・大嵐駅にてwith CBR650R

こちらの駅も秘境感たっぷりな奥地にありますが、先ほどの為栗駅と違うのは、ここで行き止まりではなくその先があるということ。

さらに進んでいった風景がこちら。

第一・第二夏焼隧道(栃ヶ岳隧道)にてwith CBR650R

1.5キロほどある夏焼隧道です。

この先に人が住んでいないとされる夏焼集落に続く隧道、ちょっとミステリアスな雰囲気でした。

隧道を超えて右手には今は誰もいない夏焼集落があるとのことですが、左手に進むと、全面通行止めの看板が。。。

第一・第二夏焼隧道(栃ヶ岳隧道)を超えた通行止め地点にて

と言うか、この看板の奥のロード風景はどう見ても通行できませんね(~_~;)

第一・第二夏焼隧道(栃ヶ岳隧道)を超えた通行止め地点にて②廃道かな?こんな行き止まり間満載の風景は初めてです。。。(;^_^A

ここでUターンして隧道を戻っていく中で、先ほどよりもワイルドで電灯もないポイントでパチリ。

第一・第二夏焼隧道(栃ヶ岳隧道)にてwith CBR650R②

ちょっとでも秘境感を味わっていただけたら幸いです(^O^)

佐久間ダムで愛知→静岡へ

大嵐駅を通り過ぎ、再び静岡から愛知へr1を走り、その先も延々と自然豊かな天竜川沿いを南下。

しばらく走った後、天竜川にかかる佐久間ダムを渡ります。

愛知から静岡へ佐久間ダムを渡るCBR650R

ダムが巨大すぎて、なかなかいいアングルがありません・・・

愛知から静岡へ佐久間ダムを渡るCBR650R②

CBRを移動、離れて撮ってみました。

愛知から静岡へ佐久間ダムを渡るCBR650R③

今度は離れすぎて「佐久間ダム」の文字が小さく・・・(-_-;)

佐久間ダムとのコラボはこれくらいにして出発。

このコラボしている間にダンプが数台通り、その都度CBRを移動させてました(^-^;

再び静岡へ~~

佐久間ダムを渡り静岡へ

ちなみにこの佐久間ダムエリアには湖岸広場や電力館、神社もあるので、ゆっくり散策するのもいいかも。

佐久間ダム(佐久間湖)の情報はこちら → ダム湖百選HP

夕景の浜名湖「弁天島海浜公園」へ

このあとGoogleMapの指示通り走っていくと、新道の佐久間道路に入ってしまい、トンネルを抜け、一気にR151へ。

その先の静岡r9に入り、南下。

静岡r9を走る

後で気付いたのですが、r1の南終点を意識せず、走り抜けてしまいました・・・

今回r1の北の起点から南の終点まで走るつもりだったのに残念_| ̄|○

ただ、一日目の最後に行きたい場所のためにはしょうがなかったかな。。。

r9は1.5車線がメインの県道。

静岡r9を走る②

しばらく走っていくと、見事な杉と出会いました。

静岡r9沿いの「吉沢の田高杉」with CBR650R

「吉沢の田高杉」です。

何本もの杉の集合体?樹齢不明な存在感のある杉でした。

その先の「道の駅 くんま水車の里」で一休み。

道の駅くんま水車の里にて

そういえば今日はひたすらr1を走り続けていたので、ちゃんとした休憩は初めてかも・・・

駐輪場には数台のバイクが停まってました。

道の駅くんま水車の里の駐輪場にてwith CBR650R

道の駅を出発、r47へ。

静岡47を走る

この道も1.5車線がメインの林間コースを走っていきます。

静岡47を走る②

R257を左折、ここでもひたすら南下し、浜名湖エリアに到着。

夕景の浜名湖にてwith CBR650R

すでに陽が沈みかけていく時間帯になってました。

最後の目的地は浜名湖ではなく、浜名湖沿いの「弁天島海浜公園」という公園。

インスタの浜松エリアのフォロワーさんがよくpostする場所ということで、一度は行ってみたいと思っていました。

途中急いで走ってきたことあり、サンセットに間に合うタイミングで到着~

先ずはこの公園からの眺めで有名な鳥居とパチリ。

弁天島海浜公園にてwith CBR650R

ようやく撮れた~(≧▽≦)

お次は夕陽とコラボ~

弁天島海浜公園にてwith CBR650R②

少し前に走ってきた2泊3日能登ツーリングの一日目の最後の目的地も夕景の千里浜でした。

旅の最後に良き夕景を眺めるのはなんていうか、旅愁を掻き立てられるというか、しみじみとした思いになりますね。。。

途中の素晴らしきプロセス、r1を経て、ゴールもこんな夕陽を眺めて終わるのは本当に楽しい~~~

インスタフォロワーさんとの出会い

しばらく地べたに座って夕陽を眺めていると、見覚えのあるバイクがすぐ近くに停まりました。

あれ?もしかしてインスタでフォローし合っているバイカーさんなのでは?

そのバイカーさんは同じように夕陽をバックに撮影中・・・

撮影が中断したタイミングを見計らって、声をかけてみたら、ずばりそのバイカーさんでした!

会話が弾む中、ここはやっぱり記念撮影ということでパチリ!

弁天島海浜公園で出会ったインスタフォロワーさんとの記念撮影pic

これはそのpicをインスタにpostしたものです。

そして先方 @ogiogi.kouichi さんのpostはこちら!

弁天島海浜公園で出会ったインスタフォロワーさんとの記念撮影pic②

さすがミラーレスを駆使して撮影していることもあり、出来が違いますね・・・(;^_^A

会話の最後に「声をかけもらって本当にありがとう」と言ってもらい、別れました。

こんな一期一会の出会いも嬉しいものです。

弁天島公園を出発、まともな食事をしていなかったので、最後はがっつりいきたい~!ということで、このエリアのハンバーグで有名なチェーン「さわやか」の浜松鴨江店へ。

18時過ぎに着いて待つこと30分ほど、定番メニューの「げんこつハンバーグ250g」を注文。

静岡県ハンバーグチェーン「さわやか」の定番げんこつハンバーグを食す!

運ばれてきた後に目の前で半分に切って熱々の鉄板で焼いてくれるパフォーマンスも食欲をそそりますね・・・

お腹を空かせて食べたということもあり、半端なく美味しかった~

満足して店を出て、浜松駅近くのビジホへチェックイン。

冒頭でも書きましたが、初めて走るロードが中心で、秘境感満載のエリアを走り、旅の最後に夕景を眺め、インスタフォロワーさんと出会い、ご当地メニューのハンバーグを食べた旅・・・

大満足の1日目でした!

さらに2日目に続く・・・ → 2日目「浜松~奥大井」編

バイクツーリング is fun!

1日目以上の秘境を走る2日目にさらにワクワクが止まらないchizuo_riderでした。

ブログをメールで購読

ブログ記事更新時にメールでお知らせ。
頂いたアドレスはもちろん非公開です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする